ホーム>106ブログ

106ブログ

ハイモースコート・アルバムⅡ

20171018162559.jpg
20171018162621.jpg
2017101816272.jpg
20171018162729.jpg
20171018162957.jpg
20171018163022.jpg

 

 

 

 

ハイモースコート・アルバム

20171016144330.jpg
20171016144411.jpg
20171016144843.jpg
20171016144922.jpg
2017101614515.jpg
20171016145136.jpg
20171016153411.jpg
20171016153444.jpg
201710161779.jpg
2017101617936.jpg
20171016171118.jpg
2017101616418.jpg
20171016172218.jpg
2017101616830.jpg
20171016172313.jpg
20171016161044.jpg
20171016161133.jpg
20171016161211.jpg
2017101616312.jpg
20171016163444.jpg
20171018155446.jpg
20171016165132.jpg
20171016164311.jpg
20171016164339.jpg
20171016164517.jpg
20171016164552.jpg
20171016164640.jpg
2017101617439.jpg
 
 
 
 
 

富士見市ガラスコーティング/ゴルフGTIにバリアクリスタル 

ガラスコーティング/思い出の一台 ゴルフGTi

201710516911.jpg
201710516940.jpg

2006年と2016年にショップで撮影された

の写真ですが、5代目と7代目のゴルフGTIに

ガラスコーティングは富士見市在住のお客様

です。

5代目は、2006年から2015年までの9年間

ウォーターコートをご利用いただきました。

7代目は、2016年から現在にいたるまで

バリアクリスタルをご利用になられています。


2017105163712.jpg
2017105163739.jpg

バリアクリスタルとは

ある口コミサイトに、ドイツ車って部品を交換しながら

長く使うモノなんだと実感という記事を見かけました。

同じよう考え方でコーティングを施工販売している

バリアクリスタルナノ(旧ウォーターコート)という

商品があります。

コート剤は、シリカ成分が結晶化した集合体がガラス

被膜を形成して塗装を保護していく商品なんですが

定期的にメンテナンスを実施することで、その間に

いたんだ部分のコート剤の修理もメンテナンス料金

に含まれる経済的なガラスコーティング商品です。

 

コート剤の重ね塗りとメンテナンス

201710516392.jpg
2017105164236.jpg

さて、ご紹介のゴルフGTIですが、メンテナンスで

いつも根気が要求されるのが、フロントグリル周り

の洗車からコーティング処理。

結構手間暇がかかるところですが、終了した時は

充実感に満たされる作業部分でもあります。

5台目のフロントグリルは、未塗装樹脂ではなく

塗装で仕上げてあります。

シルバー系のカラーにこだわるお客様ですが

7代目の色は、タングステンシルバーメタリック

で、ゴルフにはよく似あうカラーですね。

201710211265.jpg
2017102112635.jpg
201710211279.jpg
2017102112734.jpg

登山が趣味ということで、移動手段にゴルフが活躍

しています。

今回も北アルプスまで出かけたそうです。

2017102112845.jpg
2017102112920.jpg

お客さまとコーティング

ゴルフ以外にもシビック・パジェロミニでは

ラルグシールド加工

レガシィステーションワゴンは、2代目BD/BG

と3代目BE/BH系でラフリコート

それぞれご利用いただいてきました。

オーナー様が大学生の頃からのお付き合い

ですから、もうかれこれ27年近くになります。

いろいろな思い出が、会うたびによみがえって

きます。

ピカピカになったばかりのシビックで最寄り駅

まで送迎してくれたこと。。

レガシィの頃は、スキーが大流行した時代で

よく飛び石に悩まされたバンパー。。

八高線の某駅近くの解体屋さんにレガシの

掘り出し物があるよとか情報交換の場所と

して。。

思い出は、このページではあふれてしまう

ほどありますので、このへんで。

最後までお読みいただき、誠にありがとう

ございました。 店主 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小平市ガラスコーティング/ボルボV40 ラフリコート

ボルボV40にガラスコーティング

小平市からボルボV40のガラスコーティングの

ご依頼をいただきました。

 

2017104113543.jpg
2017930174141.jpg

ボルボV40 T2 キネティックには、11種類以上の

先進安全運転支援技術を含めた「インテリセーフ」

を標準装備していることで有名ですね。

TシェイプのLED採用のヘッドライトは個性的

で真っ黒なグリルも迫力があります。

 

2017104114550.jpg
2017104114635.jpg

 アイスホワイトのスタイルカラーにコーティング

さて、ボルボV40 T2にどのようなガラスコーティング

が似合うでしょうか。

ボディカラーは、アイスホワイト色です。

ヨーロッパ車のホワイト・ホワイトパール系といえば

 

アイスホワイト・ビアンカホワイト・サテンホワイト

ブランパールナクレ・ブラングランシェ・ブランナクレM

ブラングラシェ・ポーラホワイト・ダイヤモンドホワイト

カルサイトホワイト

 

などがあります。

ヨーロッパのホワイト車によく似合うガラスコーティング

としては、ハイモースコートとラフリコートがお勧めです。

 

2017104123113.jpg
2017104123146.jpg

アイスホワイトは、オリジナル塗装でも美しく

塗装表面に滑らかさがあります。

この美しいボディカラーを引き立てるために

外観ばかりでなく、一見目にはいらないような

ボンネットフード内側の塗装やこのような細かな

箇所にもコーティング処理をおこなうことで品質

を高めていきます。

美しさだけでなく塗装の保護を兼ねた施工です。

 

201793017523.jpg

201793017539.jpg
201793017540.jpg
2017930175444.jpg

もうひとつボルボと言えば、未塗装樹脂の

パーツが採用されています。

樹脂表面をきれいに維持していくために

樹脂コーティングで白濁化をふせぎたい

ものです。

ハイモースコートとラフリコートでは、無料

で施工をお受けしております。

 

2017930175730.jpg
2017930175755.jpg
2017930175851.jpg
2017930175922.jpg

これで、特別な手入れもなく黒色の維持

ができるようになります。

日常の手入れは特別なものはなく、水

洗い程度ですみます。

 

自然光に冴えるラフリコートの艶

クーペルックのスタイリッシュなフォルムを

ラフリコートで包み込みました。

アイスホワイトの艶そして滑らかさを、さらに

引き立てた仕上げです。

自然光に反射する光沢と艶をご覧ください。

 

201793018915.jpg
201793018948.jpg
2017930181054.jpg
2017930181121.jpg
2017930181255.jpg
2017930181323.jpg
2017930182343.jpg
2017930182418.jpg

自宅で洗車ができる環境にめぐまれたV40です。

これからは、オーナー様の愛情をタップリと注いで

いただけることでしょう。

 

201793018273.jpg
2017930182738.jpg

本日は、当ショップをお選びいただき誠に

ありがとうございました。 店主

 

青梅市ガラスコーティング/BMW116i 追跡レポート

BMW116iのガラスコーティング・メンテナンス

ガラスコーティングのメンテナンスを終えたばかり

のボンネットに秋空が映りこんでいるBMW116i。

201710110538.jpg
201710110626.jpg

2014年9月5日のガラスコーティング施工から

2回目となったメンテナンスです。

 

メンテナンスレポート

両サイドのドア下部分の汚れが取れなくて。。

早速、オーナー様の気になっているドアから

サイドステップの汚れとりです。

2017101101238.jpg
201710110132.jpg

スッキリしたサイドステップもどりました。

201710110143.jpg
2017101101429.jpg

汚れの原因について

前輪から漏れてくるダスト紛や路面から舞い上がる

鉄粉やピッチタールの付着に油分の含んだ泥汚れ

や枯れ葉がこびりついたのが、汚れの原因でした。

粘土と鉄粉除去剤で付着物を取り除いている画像

ですが、このあと活性水で洗い流して万一に備えて

トップコートを再度塗布処理しました。

2017101101544.jpg
201710110167.jpg

サイドミラー塗装の酸化現象

2011年式116iなのに左側のサイドミラーに光沢も

うすれてくすんだ状態(酸化現象)です。

2014年に来店された際に、すでに色違いがでて

いました。

再塗装されているらしく塗装の乾燥が不十分なのと

艶出しがされていないためにいたみが進んでしまった

ようです。

解決策は、もう一度塗装を塗り直すしかありません。

 

2017101101750.jpg
2017101101815.jpg

 

ボンネットのくすみ

ボンネットが熱い状態で洗車する際、ふき取りに時間が

かかってしまうと洗車水に含まれるカルシウムや

シャンプー液が、乾燥して付着してしまいます。

除去剤をスポンジでこすっていくと、コーティング本来の

光沢が戻ってきました。

2017101101929.jpg
2017101101958.jpg

 メンテナンスを終えた116iに秋の日差しが差し込んで

います。

2017101102213.jpg
2017101102257.jpg
2017101102420.jpg
2017101102530.jpg

本日は、メンテナンスは

・活性水洗車

・鉄粉除去・油汚れ除去

・水あかとり

・トップコートの重ね塗り

でした。

本日は、ご利用いただきありがとう

ございました。店主

 

2017101102929.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスコーティング/アウディS3とQ5 追跡レポート

アウディS3とQ5のガラスコーティング

この度の追跡レポートは、アウディS3とQ5の

ガラスコーティングのメンテナンスです。

201792712171.jpg
2017927121729.jpg

 メンテナンスメニューとは

ガラスコーティング施工後のメンテナンスは

コーティングの状態によって、作業内容が車

ごとに変ってきます。

 

2017927122140.jpg
201792712229.jpg

アウディS3については

2015年8月新車にハイドロフィニッシュ施工。

もうすぐ7万キロ走行とかなり走りこんでいるため

でしょうか、虫と飛び石によるフロントバンパーの

いたみが激しく、リヤバンパーと併せて再施工を

おこなうことになりました。

 

2017927123524.jpg
2017927123555.jpg

また、ホイールを交換されたということで

・ホイールに撥水ホイールコーティング

さらに虫の付着で汚れたフロントグリルの

クリーニングとコーティングの重ね塗りです。

 

2017927123820.jpg
201792712398.jpg

アウディQ5については

2010年4月と2015年4月にラフリコートを

ご利用いただいているお客様です。

 

2017927124648.jpg
2017927124726.jpg

作業メニューとしては

・虫の付着で傷んだサイドミラーの手直し

とコート剤の重ね塗り

・ホイールコーティング

をお受けしました。

 

2017927125213.jpg
2017927125328.jpg

ホイールは鉄粉除去からの作業でした。

201792712555.jpg
2017927125534.jpg

毎日のビジネスの移動手段に休日の趣味にと運転

される目的が異なる2台のアウディです。

大田区と小金井市からご来店いただきました。

 

2017927125641.jpg
201792712579.jpg

本日は、メンテナンスをご利用いただき誠に

ありがとうございました。 店主

東村山市ガラスコーティング/インプレッサSTI 追跡レポート

インプレッサWRXSTiのガラスコーティング

ガラスコーティングのご依頼から、8年目のインプレッサ

のご紹介です。

2017921125548.jpg
2017921125635.jpg

ご紹介のWRXSTiの販売は2004年式で

販売台数が6365台です。

その中の一台ですが、人間の年齢で言えば

いくつぐらいでしょうか。

13年たっても新鮮でかっこいいスタイルです。

201792112586.jpg

 

 

 

 

 

 

 スタイルカラーは、 WRブルー・マイカ。

新車から5年めの2009年5月にコーティング

をお受けしてから早くも8年め、塗装面は

さすがにほころびが見えはじめています。

塗装の剥がれ・無数の洗車傷・クリア塗装の

めくれ・飛び石によるはがれ・色あせも徐々に

始まっているようです。

 

201792112593.jpg
2017921125942.jpg

STiの心臓部にはEJ20

水平対向4気筒DOHC16バルブターボ

1994cc 6MT:前進6速/後退1速

フル4WD

4415×1740×1425mm  2540mm

13年間の熱い思い出が刻み込まれたエンジン

ルームです。

まだまだどうして、バリバリの現役中ですよ。

201792113525.jpg
201792113554.jpg

さて、エンジンに負けないようにボディカラー

も、リハビリで元気になっていただきましょう。

 

ガラスコーティングのメンテナンス

汚れたドアノブの細かな汚れやウイングに付いた

鉄粉を取って、最後にコーティングの重ね塗りを

実施しました。

残念ながら、付着している傷を消すのは

やめました。

本来なら5年ほどの寿命の塗装を、ここまで維持

されてきたわけです。

研磨剤で無理に傷を消すことで、塗装自体がもろく

なるのを防ぐためです。

201792113055.jpg
20179211322.jpg

傷はあきらめましたが、光沢と艶は新車

並みに復元です。

横から見ると、今では珍しくなったフロント

のブリスターフェンダーが迫力あります。

男の中の男という感じがします。

因みにセダンは、3ナンバーサイズです。

 

201792113336.jpg
20179211349.jpg

2009年5月、初めてコーティングした画像が

残っていました。

当時は、青梅に移転前の工場での撮影です。

201792411949.jpg
2017924111037.jpg

このたびは、ご利用いただき誠にありがとう

ございました。

私もSTiに負けないようにまだまだ現役

でいきますよ。

最後までお読みいただき、感謝します。店主

2017924111136.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相模原市ガラスコーティング/シトロエンC3 ラフリコート

シトロエンC3にガラスコーティング

曇り空でも晴れた日でも自然に溶け込む

お洒落な車。

シトロエンC3にガラスコーティングが完成

しました。

201791911442.jpg
2017919114440.jpg

お洒落なボディスタイル

丸みを帯びたラインにSUVテイストのある新型C3に

艶が引き立つようにラフリコートで仕上げました。

2017919125258.jpg
2017919114659.jpg
2017919131411.jpg
2017919131449.jpg
2017919131520.jpg
2017919131612.jpg

シトロエンC3の内装デザイン

ここでちょっと、車内をぐるっと拝見してみると

水平基調のダッシュボードと美しく仕上げた

縫い目のドアストラップまたルームミラーに

装着されたフルHDカメラつきが目にとまります。

ドライブルートの 写真や動画をダイレクトに撮影

できるカメラは、とても便利そうです。

また、トランスミッションはトルクコンバーター式

の6速ATです。

2017919132140.jpg
201791913240.jpg
2017919132436.jpg
201791913253.jpg

シトロエンC3のスタイルカラー

ボディカラーは9色、ルーフは4色の組み合わせ

で36色がセレクトできます。

 

ご紹介のC3は、ボディカラーがサーブルまた

ルーフはブラックの組み合わせです。

フォグランプホルダー・サイドミラー・ルーフが

ブラックで統一されていますが、何か物足り

ない感じをうけました。

どうも輝きや艶が乏しいため、カラーに奥行き

や滑らかさが感じられません。

そこで、ラフリコートで輝きと艶を引き出しカラー

に質感を高めることにしました。

2017919182041.jpg
2017919182142.jpg
2017919182225.jpg
2017919182255.jpg

 もう少し、C3のコーティングについて、説明を

させていただきましょう。

 

ゴムパッキンとライトコーティング

オーナー様のお気に入りのC3を長く愛用して

いただくために細かなところまでパーツの保護

を検討してみました。

例えば、ドア内側のゴムパッキンの劣化とLED

デイタイムライトの黄ばみ防止に専用コーティング

で保護しました。

201791918320.jpg
2017919183230.jpg

未塗装樹脂とホイールコート

もうひとつ、新車なのに気になる問題点がありました。

たった1回の雨で樹脂表面にシミ跡がついていること

でした。処理前後の違いがわかると思います。

2017919183443.jpg
2017919183527.jpg

ご覧のようにC3のボディには、いたるところに樹脂

が多用されています。

そこで、樹脂パーツすべてに樹脂コートを施すこと

で白濁化を防ぐことにしました。

(ハイモースコートとラフリコートは、未塗装樹脂

コートを無料でお受けしています。)

相変わらず、作業では綿棒が活躍中です。

2017919183849.jpg
2017919183932.jpg
2017919184016.jpg
201791918419.jpg

ドアにはエアーバンプが個性を引き立てると同時に

ドアを傷つきから守ってくれます。

もちろん未塗装樹脂コートで、長期に白濁化を

防ぎます。

アーチモールのホイールにも撥水ホイール

コートで、ダスト紛を取れやすくしてあります。

ルーフとボディのカラーコーディネートが生み出す

カラフルなラインが、とてもオシャレな感じですね。

2017919185513.jpg
2017919185354.jpg
2017919184615.jpg
2017919184637.jpg

ラフリコートの施工について

ラフリコートは、ドア内回りやボンネット・トランクの

内側の塗装にも施工をしております。

サーブルカラーに汚れが目立っては、オシャレな車

も台無しです。

2017919185653.jpg
2017919185734.jpg
2017919185845.jpg
2017919185922.jpg
2017919191446.jpg
2017919191513.jpg

この度は、遠方よりご来店いただき,誠に

ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いいたします。店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

立川市ガラスコーティング/レクサスLC500 ハイモースコート

レクサスLC500にガラスコーティング

美しい輝きを放つレクサスLC500のご紹介です。

2017915154549.jpg
201791515159.jpg

レクサスLC500のボディスタイル

フロントフードからルーフにつながるなめらかな

曲面とフロントからリヤへと流れるラインに躍動

感が溢れるスタイルのLC500。

さらにリヤ中央部にスピンドル形状が刻み

こまれたこだわりが目に止まります。

2017915155058.jpg
2017915155151.jpg
2017915155350.jpg
201791516217.jpg

フロントグリルも細かなこだわりが見受けられ

上下半分に編み方を変えることでワイドで

高級感を醸し出しているスピンドル。

スピンドルとは、紡錘(糸を紡ぐ道具)の意味

だそうです。

2017915155541.jpg
2017915155642.jpg

アルミ素材が多用されているそうですが

ルーフ、ラゲージドア、サイドドア内側に

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)が

採用されています。

201791515594.jpg
2017915155936.jpg

ヘッドライトのロービーム、ハイビームを自動切り

替えの「オートマチックハイビーム」が備えられて

います。

201791516041.jpg
201791516128.jpg

 

レクサスの内装デザイン

2017915112257.jpg
2017915112329.jpg
2017915112410.jpg
2017915112523.jpg

シートはブリージーブルーとアルカンターラの

内装に高級感が溢れています。

10速ATのコックピットは、ドライバーを緩やか

に囲む造形を両サイドに取り入れ車との一体

感を生み出す空間になっています。

助手席は、パッセンジャーを程よく包み込み

ながら前方に向かって広がりを感じさせる

造形が開放的な空間を演出しています。

 

タイヤサイズと安全性

2017915162632.jpg
2017915124232.jpg

ランフラットタイヤは、パンクした後でも100km

程度の走行が可能であるように設計されたタイヤ

ですが、サイズは

 フロント : 245/40RF21 ・リア : 275/35RF21

 

ハイモースコートとホイールコート

グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉の

スタイルカラーとボディラインを引きたてる

輝きと艶にこだわりました。

 

2017915171257.jpg
2017915171526.jpg
2017915171715.jpg
2017915171746.jpg
201791516358.jpg
2017915124257.jpg
2017915172155.jpg
2017915172232.jpg
2017915172917.jpg
2017915172948.jpg
2017915173641.jpg
201791517374.jpg
2017915173737.jpg
201791517389.jpg

いろいろあるコーティングショップの中から

弊社をお選びいただいたことに感謝とお礼

を申し上げます。

本日は、誠にありがとうございました。

 

関 連 記 事

RCFのコーティング記事を掲載しました。

レクサスRCFにハイモースコー

 

レクサスセルフリストアリングコート対応型

ハイモースコート

空気中のCO2と結合し水ガラスに含まれる

ナトリウム・シリカ成分が結晶化した集合体が

特殊塗装のクリヤー層にガラス被膜を形成し

していきます。

バリバリ、ガチガチに固まるコート剤でないため

特殊クリヤーの伸縮を妨げることも薄くすること

ない優れたベースコートです。

このベース上にハイモースコートで仕上げる

ることで、塗装保護とより上品な輝きを放ちます。

当ショップのこだわりのハイモースコートです。

 

 


 

福生市ガラスコーティング/ゴルフGTI 追跡レポート

ゴルフGTIのガラスコーティング・メンテナンス

2007年11月24日そして2012年9月9日に

ガラスコーティングを施工されたゴルフGTI

のご紹介です。

201791094759.jpg
201791094835.jpg

201791094912.jpg

201791095748.jpg
201791095820.jpg

撥水復元のメンテナンスのためにご依頼

頂きました。

 

メンテナンス・レポート

来店の度に感心させられる手入れの行き

届いたボディ。

撥水復元処理以外、これといったメンテも

なくまもなく終了となってしまいました。

 

ガラスコーティングの光沢と艶

自然光に反射する10年めのGTIです。

プレスラインに反射する情景が美しい

ボンネット。

2017910103913.jpg
2017910103949.jpg
2017910104039.jpg
2017910104111.jpg
201791010429.jpg
2017910104231.jpg
201791010445.jpg
2017910104437.jpg

本日は、ご利用いただきありがとうございました。

店主

 

ページ上部へ