ホーム>106ブログ

106ブログ

車の洗車とメンテナンス/梅雨時期の赤いシミと斑点

梅雨時期の赤いシミと斑点

夜間に雨が降った翌日が晴れると塗装表面に

赤い斑点模様やシミらしきものが目立ってくる

ことがあります

 

さて、この赤いものなんだと思いますか。

実は塗装に付着していた鉄粉が、雨水によって

錆びてできた水シミです。

 

2017619104017.jpg
2017619104042.jpg

赤いシミと斑点防止方法について

シミや斑点の原因である鉄粉のさびを

取り除くことが解決策になります。

 

鉄粉除去方法を、調べてみると

スプレー・専用シャンプー・粘土・スポンジ

などが、ネット通販で購入できます。

私のほうから特定の商品のPRはいたしま

せんが、それぞれの商品に一長一短あって

屋内と野外、鉄粉の付着量、天気など

メンテナンスの環境によって、商品を選ぶ

ことが大切です。

業者に依頼される場合は、お値段と環境

特に作業が屋内でやられるのかが、選ぶ

ポイントになると思います。

塗装を傷めないためにも梅雨時から秋口

までのメンテナンスのひとつに鉄粉除去

をお考えください。

 

関 連 記 事

これが、鉄粉除去スポンジです。

何社からか同じようなスポンジを販売して

います。

除去剤のように鼻に突くような臭いもありません

し野外でも安心して使える商品のひとつです。

注意点は、土埃が舞う風があるときの使用は

避けてください。

 

201761913130.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウンアスリートのガラスコーティング

 

 

 

 

 

立川市ガラスコーティング/レクサスLX570にバリアクリスタル

レクサスLX570 にガラスコーティング

ランドクルーザーよりも全長で115mm、全高で30mm

ほどワイドなLX570ですが、見た目の印象はサイズより

大きく感じるのは、インパクトのあるスピンドグリルの

せいかもしれません。

ご参考までにボディサイズは

全長×全幅×全高 5.065X1980X1910(mm)

2017610152912.jpg
2017610152947.jpg
2017610151342.jpg
2017610151439.jpg

ガラスコーティングの完成と同時に真っ先に実施する

のが、ガラスコーティングの艶と輝きのチェックです。

 

自然光で艶と輝きの完成度確認

シャッターを開けて自然光もとで光沢や艶の完成度

をチェックしているところです。

 

メタルハライトやLEDなどの照明は、傷など塗装の

状態を確認するのにはピッタリですが、艶や輝きが

違った印象で見えることがあるため、まず最初に

自然光での艶や輝きの確認をおこないます。

 

2017610152717.jpg
2017610152813.jpg

塗装表面の平滑性を映り込みで確認

もともと十分に艶や輝きが備わったLX570ですが

コーティング前(左)と施工後(右)を比べてみる

ことで塗装表面の平滑性(なめらかさ)を、周囲の

映り込みの状態で見比べていきます。

 

その違いが、一目でお分かりになると思います。

2017610153350.jpg
2017610153527.jpg
201761015365.jpg
2017612153546.jpg

ガラスコーティングの目的

レクサスLX570の「艶・輝き・映り込み」について

ご説明を差し上げました。

 

オーナー様は、ご自分で手洗いをされる方のため

ガラスコーティングの選び方としては

 

・塗装本来の艶と輝きの保護と維持

・レクサスセルフリストアリングコートの保護

・洗車時間の短縮化

 

これら3つの条件を満たすためにお勧めした商品は

バリアクリスタルファーストプレミアム

というガラスコーティング商品でした。

 

バリクリスタルファーストプレミアムの完成

スピンドルグリルの渋みのある輝きの保護にも

バリアクリスタルで保護をしてあります。

自然光での艶と輝きを、ご覧ください。

201761015400.jpg
2017610154034.jpg
2017614153342.jpg
201761016237.jpg
201761016445.jpg
201761016315.jpg
20176101669.jpg
201761016636.jpg
20176101687.jpg
201761016842.jpg

磨きと肌調整

ガラスコーティングには欠かせないのが下地処理

です。

LX570では、研磨剤を使わない磨き処理で仕上げて

ありますが、内回りや細かな部分は、いつものながら

手作業で下地処理からコーティング施工まで作業を

進めていきます。

 

ボンネットやリアハッチゲートにもコーティングを

ほどこすことで、汚れのこびりつきを防ぐだけで

なく内回りにも艶を引き出します。

 

2017610161130.jpg
201761016121.jpg
2017610161229.jpg
201761016130.jpg

 そろそろお客様のお迎えの時間になってしまい

ました。

本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。

                      店主

 

201761016155.jpg
2017610161529.jpg

2017612154047.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関  連  記  事

レクサスセルフリストアリングコートに最適な

コーティング商品に

・バリアクリスタルシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入間市ガラスコーティング/フィアット500 追跡レポート

フィァット500のガラスコーティング・メンテナンス

2013年のラフリコート施工から3回目めとなる

メンテナンスは、入間市のお客様です。

 

昨年は、12月頃まで続いたブタクサそして

今年は5月まで飛んできたスギ花粉更に

黄砂と悩まされ続けてきたフィァット500

でした。

201761216629.jpg
20176121675.jpg

メンテナンスレポート

当店では、珍しい左ハンドル車の500ですが

メンテナンスメニューは、花粉によるダメージ有無

のチェックと効果の薄れてきたハイパービューの

再コーティングでした。

右の映像は、ハイパービユーの撥水力が薄れて

きたガラス表面ですが、水玉が大きくなってしま

っています。

梅雨にはいったこの季節にハイパービユー

必需品、念入りにコーティングをおこないました。

これで雨天走行時のイライラから解放されます。

 

201761216934.jpg
2017612161011.jpg

メンテナンスを終えたあとは、いつものの記念

撮影を開始。

丸くてキュートなフロントグリルにトロピカル

イエローがとても似合う500ですが、いつ見ても

飽きのこないカラーは、さすがイタリア車ですね。

 

2017612161155.jpg

2017612161225.jpg
2017612161345.jpg
2017612161412.jpg
2017612161627.jpg
2017612161656.jpg
 

ラフリコートから4年目にはいったフィアット

ですが、艶も光沢もまだまだいけます。

 

2017612165118.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関  連  記  事

花粉よるシミができていなくてホットしましたが、洗車で

はとれない小粒の付着物のこびりつきが、ボディ全体

に見られました。

スタイルカラーと同じ黄色のぶつぶつでしたので、この

時期まで、ブタクサの付着が残っていたのかもしれま

せん。

もちろんきれいに取り除きました。

6月になっても、なにやら塗装表面にぶつぶつがあるの

に気づきましたら、念のため参照ください。

 

ブタクサの花粉症について

 

 

 

 

 

青梅市ガラスコーティング/コペン 追跡レポート

コペンのガラスコーティング・メンテナンス

半年ぶりのご来店は、青梅市のお客様です。

2013年6月のラフリコート施工から、まる4年

過ぎましたが、すこぶる元気なコペンです。

2017612165658.jpg
2017612165831.jpg

艶も輝きもほとんどおちていません。

ご主人は、次の車へと気持ちが動くことも

あるのですが、そのたびに奥様の反対に

あってしまい断念です。

2017612165941.jpg
20176121703.jpg

 梅雨の季節がら、気になるのが雨天走行時の

視界悪化。

その原因に油汚れ(油膜)やガラスジミが考え

られますが、コペンは合格でした。


関  連  記  事

ガラスにできる水シミは、いったんついてしまうと

取り除くのは、意外に厄介なものです。

シミの原因にもいくつかありますが、この除去

は新車のガラスについていたものを、取り除いた

作業例です。

 

201761217156.jpg
2017612171615.jpg

 

2017612171658.jpg
2017612171723.jpg

梅雨の晴れ間に愛車をチェックしてみませんか。

こちらのブログは、今年最もアクセスの多い

サイトです。

 

みなさん、悩んでいます。

http://www.beuty106.co.jp/blog/2017/05/n-box.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大和市ガラスコーティング/フィットにハイモースコート

フィットにガラスコーティング

シルバーメタリックは、艶があって輝きも素敵な印象が

一般的にあると思います。

ところが、新車なのに艶も輝きも思ったほど目立たない

車にホンダフィットがあります。

あまり光沢がなくて。。

お客様は東大和市からご来店いただきました。

ハイモースコートが完成したばかりのフィットで、艶と

輝きについて取り上げてみました。

 

20176315587.jpg
201763155831.jpg
20176316611.jpg
20176316648.jpg

磨き処理と肌調整/新車の艶と輝き

輝きや艶の受けとめ方は、人によって違います

し輝きのレベルや好みにも、個人差があります。

 

フィットの新車の状態(左)とハイモースコートを

施工(右)したボンネットを比べてみると、映りこみ

の鮮明さや塗装表面の滑らかさに違いがあるの

がわかりますね。

 

201763162551.jpg
201763162619.jpg
201763162735.jpg
201763162813.jpg

 

フィットのスタイルカラーとは

フロントからサイドさらにリアまで一体的なスタイル

に重量感を引き出すのが、シルバーカラー系の

アラバスターンシルバー・メタリックです。

 

確かにこの色は、艶や輝きはあまりないかも

しれませんが。

新車の艶をそのまま維持したい方、いやもっと

輝きや艶がほしいいと望まれる方など、個々に

要望が異なると思います。

 

もっと艶や輝きがほしいオーナー様へ

スタイルカラーを洗車傷から保護したり汚れのこびり

付きを防ぐ目的のほかにも陶磁器のような艶と輝き

を引きだすハイモースコートというガラスコーティング

があります。

ハイモースコートが完成したフィットです。

20176316453.jpg
201763164556.jpg
201763164638.jpg
201763164710.jpg
201764113428.jpg
201764113457.jpg

 フロントガーニッシュも、コーティング施工でさらに

引き締めてみました。

201763165038.jpg

201763165110.jpg

201763165237.jpg
201763165314.jpg

車高を4センチさげたボディにブラックホイールです。

もちろん撥水ホイールコーティング。

201763165436.jpg
20176316556.jpg

ハイモースコートで覆われたボンネットに水滴が

転げ落ちる瞬間です。

201763165735.jpg
201763165842.jpg

 ところで、フィットの施工中に激励に訪れてくれた

のが、工房近くに住むまめたチャン。

そして、工房内でいつも応援してくれているのが

パグちゃんで、名前は決めていませんが。

201763171033.jpg
201763171133.jpg

そろそろオーナー様のお迎えの時刻になりました。

本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。

店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日野市ガラスコーティング/クラウンにラフリコート

クラウンアスリートにガラスコーティング

ガラスコーティングが完成したクラウンアスリート

ハイブリッドSです。

ご来店くださったのは、日野市在住のお客様です。

今回は、クラウンをお借りして、下地処理の大切さ

を、改めてお伝えしたいと思います。

 

2017529123145.jpg
2017529123213.jpg

施工前の診断で発見した気になる箇所

どうもボディ全体が色ボケたような艶とトランクに赤茶色

のシミ跡など、いくつか気になる箇所がみつかりました。

赤茶色は鉄粉がさびていたのが原因でしたが、なんとなく

ボケたようなトランクの艶が気になります。

2017529123543.jpg
2017529123619.jpg

下地処理(磨き処理と肌調整)/トランク

ボケた艶を直すために施工されていたコーティング

を剥がして、もう一度磨き処理からはじめること

にしました。

その結果、どうでしょう。

磨き処理前(左)と処理後(右)では、明らかに艶に

変化が生まれたのが、ご確認できると思います。

 

 

2017529124515.jpg
2017529124550.jpg

ボケた艶は、下地処理の仕上げが不十分

さが原因でした。

どんなに高価なコーティング商品であっても、塗装の

下地処理がしっかりできていないと、その良さを十分

に引き出すことが難しい訳です。

 

さて、ガラスコーティング処理を終えたトランクには

一段と輝きが増してきました。

2017529124810.jpg
2017529124840.jpg

下地処理(磨き処理と肌調整)/フロントグリル

ツールの使えない細かな作業は、手作業になり

ます。

今回最も神経をつかったのがグリルの隙間の

汚れとりとコーティング処理でした。

メッキモールのシミも目立ちましたが、きれいに

とれました。

 

201752912575.jpg
2017529125737.jpg
 
201752913159.jpg
201752913314.jpg

その他にも未塗装樹脂もコーティング処理で化粧直し

です。

2017530152617.jpg
201752913848.jpg
201753015288.jpg
2017530152842.jpg

ボンネットもいちからやり直したことで、表面に滑ら

かさと明るさが蘇りました。

 

201752913926.jpg
201752913954.jpg

ホイールにも撥水ホイールコートで化粧直しです。

リヤガラスとフロントガラスにはハイパービュー施工

で油膜防止です。

 

2017529133435.jpg
2017529133510.jpg

ラフリコートが完成したクラウンアスリートを、もう一度

ご覧ください。

 

2017529133558.jpg
2017529133636.jpg
2017529133717.jpg
2017529133939.jpg
2017529134047.jpg
2017529134127.jpg

 本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。

店主

 

2017529134218.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入間市ガラスコーティング/メガーヌ 追跡レポート

メガーヌRSにガラスコーティング・追跡レポート

今年の秋にもモデルチェンの噂がながれている

ルノーメガーヌRS。

メンテナンスを終えて、記念撮影です。

 

2017522105012.jpg
2017522105047.jpg

メンテナンスレポート

ご来店時には、うっすらと黄砂が舞い降りたボンネットがぼけた印象でした。

でも、トップコートの補修を兼ねた上塗りと撥水復元を終えてスタイルカラーもハッキリしました。

 

2017522105346.jpg
2017522105422.jpg

フロントガラスには、ハイパービューとワイパーのビビり止めコーティングの再施工です。

 

2017522105558.jpg
2017522105641.jpg

さて、メンテナンスの完了したメガーヌRSを改めてご覧ください。

 

20175221118.jpg
201752211137.jpg
201752211237.jpg
201752211256.jpg
201752211344.jpg
201752211429.jpg
201752211511.jpg
201752211544.jpg

全長×全幅×全高 4.320X1.850X1.435(mm)

ホイールベース 2.640(mm)

このサイズにワイドなドアパネルが 目をひきます。

 

201752211614.jpg
201752211648.jpg

 そろそろ、オーナー様が着く時間ですか。

本日は、ご利用いただきありがとうございました。

店主

 

関 連 記 事

ルノーメガーヌとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立川市ガラスコーティング/C-HRにバリアクリスタル

トヨタCーHRにガラスコーティング

トヨタC-HR 1.2リットルターボ4WDは、スキー愛好家の立川市在住のお客様です。

 

2017518154635.jpg
2017518154737.jpg

CーHRに3種類のコーティングを用意しました。

ヘッドライには黄ばみ防止

未塗装樹脂には白濁化防止

 

2017518155313.jpg
2017518155348.jpg

バリアクリスタルグランプレミアム施工

と用途別に用意しました。

施工前(左)と施工後(右)のリアクォーターの

違いをご覧ください。

新車なのにパッとしないパールホワイトに光沢

と艶を引き出しました。

201751816519.jpg
20175181662.jpg

 シーケンシャルターランプ黄ばみ防止

黄からオレンジそして赤へ変化するグラデーションウインカーを採用したC-HR。

ヘッドライトコーティングで長期に黄ばみから保護してカッコよく見せたいものです。

 

2017519135636.jpg
2017519135721.jpg

 未塗装樹脂コート

手入れといっても、意外に難しいところ。

そんな時、樹脂専用コーティングで白濁化現象を防止

をされてみては、いかがでしょう。

 

新車でも施工前後ではこれだけ色が変わります。

(右半分が施工済み)

また、施工後はこの撥水力で泥水のこびりつき

をおさえさらに紫外線から白ぼけを防ぎます。  

樹脂もオシャレにいきたいですね。   

         20175191446.jpg

201751914456.jpg

フロントバンパーの樹脂部分。

施工に最も時間のかかる樹脂パーツでした。

201751914854.jpg
201751914938.jpg
2017519141022.jpg
201751914113.jpg

 

バリアクリスタルグランプレミアム施工

ダイヤモンドをモチーフに絞り込んだというスタイルに

バリアクリスタルの完成です。

全高1550㎜に対して690mmのタイヤは、思った以上に

タイヤが大きく見えます。

 

201751914298.jpg
2017519142938.jpg
2017519143114.jpg
2017519143141.jpg
2017519143258.jpg
2017519143321.jpg
2017519143455.jpg
2017519143517.jpg
2017519143612.jpg
2017519143638.jpg
2017519144823.jpg
2017519144849.jpg

 

リアのバックウインドウドアの傾斜角を25度にして

流線形のスピード感を表現したと説明書きがあり

ましたが、確かにうなずけます。

 

2017519144128.jpg

2017519144153.jpg

そろそろオーナー様が引き取りに来られる時間です。

本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。

店主

 

ワンポイントアドバイスー未塗装樹脂パーツについて

C-HRの特徴のひとつが、未塗装樹脂を多用している

ことです。

ご自分で樹脂コートを施工される場合、気をつけてほしい

点があります。

樹脂のほかにもゴムパッキンやプラスチックや塗装も同じ

黒を採用した部分があります。

未塗装以外に樹脂コートを、間違って塗らないように注意

してください。

 

たとえば、左のサイドステップでは、上の黒い部分は

未塗装樹脂ですが、下は黒い塗装になっています。

サイドミラーでは、ドアとのつなぎ部分は未塗装樹脂では

ありません。

そのほかにも気をつけなければならない箇所があり

ますので、注意して見極めてください。

 

2017519145824.jpg
2017519145853.jpg

 

 

 

 

昭島市ガラスコーティング/CX5 バリアクリスタル

マツダCX5にガラスコーティング

マツダCX5にガラスコーティングは、昭島市のお客様

です。

フロントガラスにハイパービュー、ホイルコーティング

未塗装樹脂コートそしてボディにバリアクリスタルが

完成したばかりのCX5のご紹介です。

 

201751512401.jpg
2017515124036.jpg
2017515133027.jpg
2017515133053.jpg

 

未塗装樹脂のコーティングについて

この頃、CX5だけでなくCーHRなどSUV

の樹脂コートについて、頻繁に問い合わせ

が多くなってきました。

手入れ方法がほとんどない樹脂です。

そこで、改めて未塗装樹脂コートにつて

取り上げてみることにしました。

 

2017515131749.jpg
2017515131935.jpg

 

まず、樹脂の下地処理についてですが、新車と

いえど必ず汚れていますので、活性水と溶剤で

磨いて汚れを取り除きます。

研磨剤がはいっていない磨き処理ですので

樹脂表面に傷が入ることはありません。

手作業だとムラがでやすいため、ツールを

使いますが、細かな部分はスポンジでこすり

ながら取り除きます。

 

2017515125239.jpg
201751512538.jpg

 

 未塗装樹脂コートは、1回目の塗布後2時間乾燥

させて、さらにもう一度塗布して仕上げます。

新車の樹脂でも、コーティング施工前後では黒さが

違います。この黒さが長期にわたり維持され白濁化

を防ぎます。

 

2017515125512.jpg
2017515125546.jpg

 

 前後のバンパーやピラーなど樹脂パーツはすべて

コーティング処理で滑らかになりますので、ホースの

水圧程度で汚れがとれてしまうほどです。

2017515125724.jpg
2017515125758.jpg

 

バリアクリスタルグランプレミアムとホイールコートとの

撥水状態です。バリアクリスタルはセルフクリーニング

効果で雨水で多少の汚れを流し落とします。

 

2017515131216.jpg
2017515131254.jpg

トータルコーティングが完成したマツダCX5です。

201751513351.jpg
201751513416.jpg
201751513456.jpg
201751513532.jpg
201751513643.jpg
201751513722.jpg
201751513835.jpg
20175151399.jpg

 本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。

店主

 

 

 

 

 

 

ホンダスラッシュとバラのガーデニング

バラに囲まれたN-BOXスラッシュ

5月12日から17日まで、バラとガーデニングショウが開催されています。

ちょっと、私も仕事を中断して雨の中を出かけてきました。

メットライフドームのど真ん中に1000輪のバラでつくられた草月流のいけばなが目にはいりました。

バラの名前ぐらいはわかりますが、芸術的なセンスがない私には、うまく説明ができません。

とにかく、でかいことには驚きました。

201751513448.jpg
2017515134447.jpg
2017515134557.jpg
2017515134648.jpg

多少は理解できるコーナーがこちら。

スラッシュとリトルカブが、バラに囲まれて

いかにもうれしいそうでした。

 

2017515134741.jpg
2017515134816.jpg

右のバラは、珍しい色だと聞いて撮影です。

 

201751513498.jpg
2017515134942.jpg
2017515135020.jpg
2017515135053.jpg

やはり珍しいバラの盆栽と花志保美悦子さんの

花空間です。

やっぱり、私には花は難しいなあ~ 。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ