ホーム>106ブログ

106ブログ

東京ガラスコーティング/ホンダヴェゼルの虫と飛び石

ホンダヴェゼルにガラスコーティング

2018730162317.jpg
201873016246.jpg

車のガラスコーティングのご利用目的には、いろいろな動機や理由があります。

例えばマンションの屋外駐車場で、車は仕事では使用せずに週末に遠方に写真を撮りに行くため高速道路での移動が多いという横浜市在住のお客様です。洗車は月に2回前後というオーナー様のお問合わせいただいたメールの一部をご紹介してみましょう。

 

201873015407.jpg

メールの一部を抜粋しました

フロントガラスのハイパービューをお願いをしましたが、リアガラスにも施工をして頂きたくよろしくお願いいたします。また、樹脂部分のコーティングもお手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

 なお、ご相談ですが、屋外駐車と高速走行で少し気になっていることがあります。

2018730153743.jpg

フロントグリルがホンダ特有のメッキ塗装のため虫が付いたり、飛び石でキズが深く付くのではと思っております。もし、効果があるのであれば、フロントグリルとバンパーにハイモスの2重施工をして頂きたいのですがどうでしょうか?あまり効果が期待できないのであれば、する必要はないと思いますが、よろしくお願いいたします。

フロントグリルのメッキパーツのガラスコーティング

2018730154635.jpg
2018730154731.jpg
2018730154758.jpg

ご相談のありましたフロングリルを早速見てみると残念なことに一部に傷を見つけましたが傷跡がかなり深くガラスコーティング材で埋めても消えることはありませんが、虫の被害も考えて3回重ね塗りでメッキ表面を保護しながら輝きを出すことにしました。

ホイールに撥水ホイールコート

2018730155457.jpg
2018730155516.jpg

ホイールは問題もなく撥水タイプのホイールコートが完成しました。ほどよい輝きが足元を引き締めます。

 

未塗装樹脂コート

201873016059.jpg
201873016144.jpg
201873016326.jpg
20187301643.jpg

SUV車としては未塗装樹脂パーツは少ないヴェゼルですが、新品のパーツ保護に樹脂コートを実施しました。どうもリアドアノブの材質が爪キズが付きやすいのが気になります。

 

ハイモースコートの完成

ハイモースコートそれともバリアクリスタルファーストプレミアムか。

最後の最後まで悩まれたのが、塗装にどのガラスコーティングを選ぶかでした。来店の際にスタイルカラーの特徴をいかすためにハイモースコートで決定されました。

2018730162758.jpg
2018730162829.jpg

 ミッドナイトブルービーム・メタリックは、しっとり濡れたような艶よりも明るめで奥行きの映りこみがあるハイモースコートのほうがピッタリです。

 

2018730163032.jpg
201873016319.jpg
201873016544.jpg
2018730165436.jpg
201873016354.jpg
2018730163557.jpg

 

 

 

 

2018730165740.jpg虫や飛び石の保護にフロントバンパーも重ねて施工をしてみましたが、多少でもオーナー様の希望が叶うといいのですが。23日は40.8度の猛暑になり作業を途中で断念しましたが、人生で40度の夏は、はじめての経験でした。

横浜からご来店くださったことに感謝させていただきます。

本日は、当ショップをご利用いただき、誠にありがとうございました。店主

 

東京ガラスコーティング/フリードの青空駐車と土ぼこり

ホンダフリードにガラスコーティング

20186615731.jpg
20186615835.jpg
 

車のガラスコーティングのご利用目的には、いろいろな動機や理由があります。例えば、青空駐車で土ぼこりが舞う畑が近くにあるという立川市在住のお客様のご紹介です。                             

201866151552.jpg

お客様のご要望 

・親水タイプのガラスコーティング

・経済的で長期間持続する商品

車の保管状況

・土ほこりが舞う畑の近くの青空駐車 

 個人的によく知っているところですが、このほかにも土ぼこりに悩む地域はいたるところにあると思います。土ぼこりがついたまま長期に放置していると7月のような猛烈な熱さが続くと洗車の際にガサガサ乾燥した土ぼこりで塗装表面を傷つけたり樹脂パーツやゴムパッキンの劣化を速めてしまうことにもなります。梅雨や台風だけでなく異常気象が目立つようになってきただけに車のメンテナンス方法も、今後変わってくるかも知れません。

 

201866152240.jpg
201866152144.jpg

具体的な対策方法とは。。。撥水タイプのガラスコーティングそれとも

その対策方法は、日常のメンテナンスや塗装保護のためにボディコーティングがあります。商品も一見同じようにみえるコーティングですが、各々の商品によって違いがあります。例えば、水滴の形で区分すると撥水性と親水性があって、それぞれメリットとデメリットがあります。

撥水タイプの場合極力ボディを濡らさないように撥水力で汚れのこびりつきを防ぎ手洗い洗車のふき取りの手間が楽になるメリットがあります。その反面、商品によっては水しみができたり土ぼこりが斑点のように塗装表面を覆って、かえって汚れが目立つこともあります。

この画像はハイモースコートの水滴状態ですが、油汚れの防止や水シミや斑点状の土ぼこりができずらい効果があります。撥水タイプと言っても、ハイモースコートはいろいろな面で優れた商品のひとつです。

 

 

セルフクリーニング機能付きガラスコーティング

親水タイプのガラスコーティングのなかにセルフクリーニング機能がついている商品があります。これは多少の油汚れや土ぼこりを雨水で流してしまう性能ですが、土ぼこりのこびり付きが減少するため洗車傷が付きづらくなります。梅雨の季節や台風などの雨水を利用した洗車方法ですが、だからと言って全く洗車をしなくて済むということにはなりませんけれど。

土ぼこりで悩まれる方にお役に立てるコーティング商品のひとつです。


 

 
 
雨が降って、雨水とともに汚れが流れます。   汚れ物質が落ち、きれいな表面を保ちます。

 

 

よく撥水タイプのガラスコーティングの水シミを気にされる方がいらっしゃいますが、その原因は熱いボディ表面にいきなり水をかけたり濡れたボディを放置することで、水道水のカルシウムなどの成分が付着して発生する原因が最も多いと思います。

そのほか親水とか撥水とか関係なしにコーティング材に含まれる成分がシミを誘発したり塗装と相性の悪い商品や空気中の汚染物質が付着してできる場合があります。このようなトラブルを未然に防ぐためにも商品の選び方がなによりも大切です。

またガラスコーティング施工後に外的要因によるトラブル発生の場合、その処理解決にガラスコーティングのメンテナンスの有無が重要になります。

求められるガラスコーティングとは

自然環境の変化に対応できるように塗装をガラスコーティングで保護しながらトラブル処理解決はメンテナンスと一連の仕組みを備えた商品が、ますます重要になってきます。

 

201872114939.jpg
201866151332.jpg

今回は、土ぼこりで悩むホンダフリードを取り上げてみました。

親水タイプのラフリコート(セルフクリーニング機能付き)を御利用いただきました。

改めて、お礼を申し上げます。 店主

 

 

東京ガラスコーティング/セレナの鳥のフンと傷対策

セレナにハイモースコート施工

2018722111535.jpg
201872211163.jpg

車のガラスコーティングのご利用には、いろいろな動機があります。例えばセレナのお客様の場合は、鳥のフンと傷の悩みでコーティングを検討された方です。お問合わせいただいたメールの一部をご紹介してみましょう。

 

2018722111650.jpg

メールの一部抜粋

自宅の駐車場に車を停めておりますが、駐車場の横幅が少し狭い為に自転車等が通る時に車に当たってしまう事があるのと、車の真上に電線が通っており、極たまに鳥がフンをしてしまう事が悩みであります。どちらかというと車の光沢や艶を重視するよりも、傷の防止を重点にして頂きたいと思っております。施工商品もよく把握しておりませんので、ハイモースコートでお願いを致します。

宜しくお願い致します。

ハイモースコート施工レポート

当日は気温が37°にもなり、アツアツのボディを冷却して洗車が始まったのが到着後4時間過ぎてからでした。平成29年の初年度登録車で4000キロ走行車を購入したそうですが、セレナの状態は、お客様に販売されるまでの期間あまり手入れがされていなかったのか、結構傷んでいる部分が目にとまる状態でした。

 

2018722113633.jpg
2018722113721.jpg

ボンネットフードを開けて、まず目に止まったのがグリル平面部分にできたシミです。めったにボンネットを開けないでしょうが、シミ除去とメッキについた付着物を取り除いてフロントグリル周辺の下地処理が完成です。

 

2018722113819.jpg
201872213022.jpg

次にドア内回りの下地処理です。作業的には汚れ取りのクリーニングが中心になりますがセレナに限らずスライドドアの汚れ取りは、傷がはいらないように結構神経を使う部分です。

 

2018722131325.jpg
2018722131353.jpg
2018722131531.jpg

ご相談のあったキズ対策ですが、自転車やご家族の方が通られる右側面には、ハイモースコート材を2回施工することで厚みと強度を高めました。すべての傷に対応できるものではありませんが、かなりこすり傷防止には効果があると思います。

塗装にできた傷はすべてが消えたわけではありませんが、お客様が気にされていたルーフのフンによる黄色く変色した塗装部分は、どうにか消えました。

今後の鳥のフン対策としては、東京電力のほうで電線に鳥が止まらないように手配してくれるようです。また緊急用にフクピカを備えていただきました。

 

2018722131622.jpg
2018722131647.jpg

 

 

 

 

2018722132626.jpg
2018722132658.jpg

ガラスコーティングで鳥のフンによるシミは防止できるか

個人的な経験で申しあげると、ガラスコーティング施工をしたボディでもフンが落ちてきて放置しているとシミができやすくなります。今年のような猛暑が続く場合は、パールホワイト系のボディも塗装自体が膨張します。熱く膨張した塗装の分子の隙間にフンの酸が浸透していき黄色く変色することがあります。

できるだけ気づいた時に鳥のフンを取り除くことをお勧めします。

本日は熱い中、当ショップをご利用いただき誠にありがとうございました。店主

 

 

 

 

 

東京ガラスコーティング/CX5の未塗装樹脂パーツ

マツダCX5のガラスコーティング

未塗装樹脂パーツの下地処理とコーティング施行が完成したばかりのCX5。

2018715103552.jpg
2018715103634.jpg
2018715103749.jpg

マツダCX5にガラスコーティング

SUV車の人気で至る所で見かけるCX5ですが、この車に限らずSUV車には未塗装樹脂パーツが、まるでファッションのひとつかと思えるほどよく使われています。確かにボディが引きしまってカッコよく見えるのですが、ただ日常の手入れとなるとはたしてどうしてよいものかわからない。そこでCX5で、改めて樹脂について取り上げてみます。

 納車されてまだ2週間というCX5クリーンディーゼル4WDは、飯能市からご来店いただいたお客様です。未塗装樹脂の他にもメッキパーツやフロントガラスさらにホイールと一台まるごとコーティング施工です。ボディの塗装には、ガラスコーティングのバリアクリスタルグランプレミアムを施します。

 

2018715103858.jpg
2018715103947.jpg
2018715104033.jpg
201871510416.jpg

ガラスコーティング施工レポート

2018715104417.jpg
2018715104442.jpg
2018715104540.jpg

作業開始直前のボディは、水性ワックスで覆われたボンネットやルーフは、洗車水が撥水状態でワックスによる水しみができやすい状態。また右フロントドアやリアバンパーには、直線状の小キズが目立ちました。早速、下地処理作業としてワックスを除去し研磨で傷消しをおこないましたが、最後にボディ全体を活性水と溶剤で水研ぎで仕上げました。

ハッキリした目的もなく安易に研磨剤で磨くことで、オリジナル塗装を薄くなるのをふせぐため水研ぎを導入しています。

 未塗装樹脂のコーティング施工

Bピラーにコーティング材を塗布した樹脂表面を艶出しをしている映像です。実はビューティー106では新品の樹脂と劣化が進んでいるパーツとでは、使用するコート材を別なものにしています。

その理由は、新車はできるだけ長期に新品の維持を目的とし劣化が目立つ樹脂は、新車の様な色つやの復元を目的にしているため、それにあったコート材を選んでいるからです。

コーティング施工後の樹脂は、特別な手入れも必要もなく水洗い程度で済みます。

 

2018715105216.jpg
2018715105246.jpg

塗布にはポリッシングと手塗りとパーツの面積や形状によって使い分けて作業をおこないます。CX5の場合、サイドステップがゴムパッキンとの組み合わせのため、ゴムを傷めないように指で押さえている部分(樹脂)やフロントバンパーなどの形状では、手塗りでコーティング処理になります。

細かいようですが、品質のレベルアップとその維持のためには、このような配慮が樹脂コートでも必要になってきます。

尚、樹脂コートはハイモースコート・ラフリコート・バリアクリスタルファーストプレミアム・バリアクリスタルグランプレミアムの各施工時に無料オプション施工でお受けしておりますので、ご希望の方は申しつけください。

2018715105521.jpg
2018715105547.jpg
2018715105637.jpg
2018715105659.jpg

バリアクリスタルグランプレミアム施工

今回は、未塗装樹脂を中心にとりあげてみましたが、次はボディのコーティングです。

ガラスコーティングが完成した塗装表面は、半年ぐらいかけて大き目の水滴が続きますが、いずれは親水性に変化していく車のコーティングです。

ここでひとつ、ビューティー106のこだわりの光沢と艶とは

・塗装のカラー本来の光沢と艶(バリアクリスタルグランプレミアム)

しっとり濡れたような重厚な光沢と艶(バリアクリスタルファーストプレミアム)

・透明感のある光沢と奥行きのある映り込み(ハイモースコート・ラフリコート・リアルガラスコート)

お客様のご希望にそって商品をお勧めしております。

 

2018715105929.jpg

201871511056.jpg
201871511220.jpg

おなじみのウインドウガラスコートですが、フロントガラスにハイパービュー施工です。類似商品は多数ありますが、視界の良さは抜群だとおもいます。

 メッキパーツには、ドアウインドウ周辺はグランプレミアムを、そしてフロントグリルには親水タイプのガラスコーティングで仕上げてあります。CX5はエンジンルームの熱がなかなか冷めず、水シミができやすいためグリルにはあえて親水タイプで施工してあります。

 

201871511348.jpg
201871511416.jpg

 スタイルカラーは、マシーングレープレミアムメタリックで、金属的な色合いと艶はとても美しいものがあります。工房内の照明と自然光に照らされるスタイルカラーをご覧ください。

20187151169.jpg
201871511643.jpg
201871511754.jpg
201871511835.jpg
201871511944.jpg
2018715111019.jpg

本日はご多忙のなか、当ショップを御利用いただき誠にありがとうございました。店主

 

 

東京ガラスコーティング/レクサスisの白濁化したヘッドライト

レクサスis300hのガラスコーティング・メンテナンス

ガラスコーティング施工から2年過ぎたレクサスis300hですが、メンテナンスで最初にご相談をおうけしたのがヘッドライトコーティングのことでした。

 

201871216926.jpg
201871216947.jpg

 

 

 

 

ヘッドライトの曇りと黄ばみ

白っぽく濁ったヘッドライト表面の曇りを、スッキリと取り除いたのが右の映像です。

丁寧な手入れを心掛けしていても防ぎきれないのが、年数経過によるヘッドライトの白濁や黄ばみ現象の発生があります。

ヘッドライトの材質にポリカーボネートという樹脂が使われていますが、この樹脂が年数経過にともない変色したのが原因です。

2018712161147.jpg
2018712161219.jpg

樹脂を変色させる要因として考えられるのは、紫外線や傷そして熱による劣化ですが、レクサスis300hの劣化原因は、どうも熱が影響していたようです。2013年から新車登録が5年たっていますから、やむ得ないかもしれません。

 

ヘッドライトコーティング施工

2018712161343.jpg
2018712161415.jpg

結局、対応策として白い曇りを除去してライト保護のためヘッドライトコーティングを施しました。

 

メンテナンスレポート

話が前後しましたが、ガラスコーティングのメンテナンスはフロントグリル回りを中心にヘッドライト・鉄粉除去・グリルのシミ除去・未塗装樹さらにボンネットやドア内回りの汚れとりなどをメニューとして実施しました。

2018712163016.jpg
2018712163054.jpg
 
 

ソニッククオーツのスタイルカラーを引き立てるために未塗装樹脂の手直しは、大切なポイントになります。きれいに化粧直しです。

 

201871216333.jpg
2018712163328.jpg

引き取り時間に間に合いました。これでメンテナンスも完了です。

本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。店主

2018712163455.jpg
2018712163534.jpg

2016年5月 ラフリコート施工 埼玉県入間市

 

東京ガラスコーティング/ガラスにハイパービュー

フロントガラスにハイパービュー施工

20187816921.jpg
20187816952.jpg
201878161049.jpg
201878161745.jpg

ハイパービューの撥水力で油膜防止と透き通るような透明感

201878161817.jpg

雨の日の視界不良や油膜によるワイパーのビビリ音のストレスから長期に解放されます。

ハイパービュー詳細

 

 

東京ガラスコーティング/VWヴァナゴンとユーロバン思い出の一台

VWヴァナゴン カラベル / マルチバンタイプ 2004年4月 ラフリコート施工

ヴァナゴン

 

 VWユーロバン パネルバンタイプ 2014年2月 オーダーメイド施工

2014211184050.jpg
201421118401.jpg

本国ドイツでは、T4トランスポルタ―を名乗るフォルクスワーゲンのバンですが、1990年から2003年まで14年間生産。北米ではユーロバンそして日本では1995年から1997年までヴァナゴンとして販売されました。どんどん派手に豪華になっていく大型ミニバンの中で、古い車ながらシンプルで最小限の装備でも不自由を感じさせないヴァナゴンとユーロバンです。

1996年はヤフーが日本国内でネットサービスを開始した年ですが、この年に生産されたヴァナゴンの一台だそうです。

ヴァナゴン http://www.beuty106.co.jp/gallery/2013/05/post-3.php

ユーロバン http://www.beuty106.co.jp/blog/2014/02/1995vw.php

東京ガラスコーティング/シトロエン2CV 思い出の一台

思い出の一台/シトロエン2CV(ドウ・シ・ヴォ)

たまには思い出したい、心に残る車のコーティング。

私が脱サラで始めた磨きの仕事も今年で30年目になります。(個人事業主として設立したのが1988年9月)その年月には多くのお客さまと車の出会いがありましたが、何年たってもついこの間の出来事のように脳裏によみがえりジーンとこみ上げてくる車が存在します。

そんな一台がシトロエン2CVです。

2年ほど前にアメブロで取り上げたシトロエン2CVですが、当ブログでもう一度取り上げてみたくなりました。1996年にある方のご紹介でご来店いただいた府中市のお客様でしたが、何故これほどまでにこだわるのか、忘れられないのか、その理由にカエルのようなあいきょのあるマスクとエスカルゴの様な形のほかにもうひとつその開発ストリーにありました。

 

2016224131738.jpg

             2CVの開発目的とは 

  • 50kgのジャガイモ又は樽を載せて走れること
  • 60km/hで走行できること
  • ガソリン3リッターで100km以上走れること
  • 荒れた農道を走破できるだけでなく、カゴ一杯のを載せて荒れた農道を走行しても、1つの卵も割ることなく走れるほど快適で乗り心地がよいこと
  • 車両重量300kg以下

 

シトロエンの副社長ピエール・ブーランジェは、シトロエンのラインナップに小型大衆車が欠落していることを認識していた。農民たちが手押し車や牛馬の引く荷車に輸送を頼っている実態に気付いた。当時のフランスの農村は近代化が遅れ、日常の移動手段は19世紀以前と何ら変わらない状態だったのである。そこで、農民の交通手段に供しうる廉価な車を作れば、新たな市場を開拓でき、シトロエンが手薄だった小型車分野再進出のチャンスともなると着想した。(原文はウィキペディア)

 

フランス農民向けの小型自動車として開発されたのがシトロエン2CVだと知ったからでした。施工当時は珍しい車だなという程度の印象しか残っていませんでしたが、ネットの普及で詳細を知るにつれて開発者の情熱と高い使命感に感銘を受けたからでした。

 

ボンネットは人差し指で持ち上げられるほど軽くて、当時1.2kgもあるツールで押しつぶすのではないかとハラハラしながら磨いた記憶があります。

調べてみたら、全長×全幅×全高は3,830×1,480×1,600mmで、現代ではコンパクト車並みのサイズですが、重量は375ccの初期形で495kg、602ccの末期形で590kgで、ヴィッツと比べると高さを除けばほぼ同じなのに重量は約半分なのは、安全対策装備や排気ガス浄化対策などを考えても極めて軽量です。

1948年の生産開始から1988年にフランスで生産終了1990年にはポルトガルでの生産も終了しました。387万2,583台の製造されたと記事に掲載されていましたが、1972年に発売されたホンダシビックは1983年までの初代と2代目で合計300万台製造されています。これもまたすごい実績です。

本日は、最後までお付き合いありがとうございました。 

                    店主

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

  ※カメラに凝りだした息子が撮影したもので立川市で営業していた頃の工場です


 

 

 

 

東京ガラスコーティング/トヨタハイエース 追跡レポート

トヨタハイエースGLのガラスコーティング補修

 

 

ラフリコートの部分再施工レポート

今回のご紹介は、メンテナンスではなく塗り直したパーツの部分コーティングのお話しです。

2016年3月にラフリコートそして翌年2017年8月にフロントガラスにハイパービュー施工のハイエースGLですがこの度は再塗装後の部分ガラスコーティング施工です。

201872113426.jpg
20187211358.jpg

ボンネット、フロントグリル、フロントバンパーのほかに色合わせのためにフロント両フェンダーにガラスコーティング処理を施しました。

暑さがぐーんと厳しくなってきましたが、体調には十分に気をつけて頑張りましょう!

本日は、ご利用いただきありがとうございました。店主

 

 

 

 

 

 

 

東京ガラスコーティング/CX5のコーティング・メンテナンス

マツダCX5のガラスコーティング・メンテナンス

2018630134515.jpg
2018630134823.jpg

花粉の時期は毎週洗車をして、シミができないように気を使っていたそうです。その話を聞いて安心しながら洗車をしてみたら、何となく水はじきの状態がおかしいのです。あれっ、なんかベタ~と塗装に付着している感じがします。結局、よくよく観察をしたらシャンプーの残留液が塗装表面に残っていたようです。

 

2018630135153.jpg

            ガラスコーティングのメンテナンスレポート

・塗装面のシャンプー残留液除去

・パーツの隙間の土埃の塊除去

・鉄粉除去

・未塗装樹脂のクリーニング

 いろいろな汚れがついている未塗装樹脂のクリーニングのひとコマですが、スッキリした後はコーティングで化粧直しもCX5の定番メニューのメンテナンスです。

 

201863014017.jpg
201863014116.jpg

 ゴムパッキンとパーツの結合部分の汚れ。これもCX5に限らずSUV車によく見かけるところですが、ここも汚れをとってさらにゴム表面にもコート材で保護していきます。

意外と忘れがちなナンバープレートの裏側もクリーニングとコート材で改めて保護することで、汚れのこびり付きを最小限で抑える効果があります。

 

2018630135313.jpg
2018630135430.jpg
2018630135526.jpg
2018630135717.jpg

ヘッドライトも汚れをとりました。スプレーでかけた水が親水になっているのは、ライトカバーに汚れがついていないからです。(右の映像)

 

201863014227.jpg
201863014314.jpg

 グリルバーもメッキ部分もまとめてクリーニング処理をしてあります。メンテナンスと一言でいっても作業はとても細かな処理も多いですよ。

 

2018630143244.jpg
2018630143333.jpg

ウォーターコートが販売中止になったため、セルフクリーニング機能をトップコートとして装備して最終仕上げです。

2018630144340.jpg

セルフクリーニング機能

ラフリコート親水性タイプに標準装備のセルフクリーニング機能は、塗装表面が汚れ物質よりも水となじみやすいのが特徴。このため、汚れ物質と塗膜表面の間に常に水が入り込んで、煤煙や排気ガスなどの水となじみにくい(疎水性)汚れの付着を防いでくれます。さらに、雨水が当たる塗膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流してしまいます。これが「セルフクリーニング効果」です。

201863014465.jpg
2018630144643.jpg

CX5のメンテナンスが完了しました。おや何やら背中に気配が。。。。

お~、近所のまめたチャンが応援してくれていました。

いつも、ありがとうね。

三鷹市在住のCX5のお客様のご長男は、なんと小学1年生になっていました。

はやいね、子供の成長わ。。

お客さまとは、13年とお付き合いは長~いのですが。

 

2018630152920.jpg
2018630153014.jpg

本日は、メンテナンスのご利用ありがとうございました。

 

車のガラスコーティング・メンテナンスのご利用について

ガラスコーティングで塗装を保護していても、すべての外的要因から塗装を守るのは難しい面があります。塗装トラブルの発見や知識やスキルがあっても処理時間や作業スペースの確保の問題を抱えることがあります。そのような悩みがでてきたら、メンテナンスを利用していただければありがたいです。

 

 

ページ上部へ