ホーム>106ブログ

106ブログ

レクサスRCFに輝きと艶/ガラスコーティング所沢

20171213123255.jpg
20171213123330.jpg

レクサスRCFにハイモースコート

20171213131256.jpg
20171213131456.jpg

RCFのヒートブルーコントラストレイヤリング

のような艶がほしいとご依頼いただきました。

オーナー様のお話しでは、RCF購入時にすでに

2種類のコーティング施工履歴が、残されて

いたそうです。

 

磨き処理と肌調整ー下地処理

新車から3年未満に異なるコーティング商品

が2度も施されている場合、さらにコーティング

施工となると下地処理とコーティング施工に慎重

な対応が必要になってきます。

20171213124443.jpg
20171213124513.jpg

技術的なことは、ここでは説明をいたし

ませんが、処理前後の違いをご覧ください。

左の画像は、来店の際に撮影したものですが

傷も目立ち艶もひけた状態になっています。

右の画像は、下地処理からハイモースコート

まで終えた塗装表面ですが、真珠玉のような

撥水に合わせ照明の映り込みもはっきりして

います。

 

照明につつみこまれた輝きと艶

ホワイトノーヴァガラスフレークとちょっと

長めのスタイルカラーの名前です。

ガラスコーティング完成後、明るさを抑えた照明に

どのような表情をみせるか夜の街並みまでとは

いきませんが、そのイメージで撮影してみました。

ボディの映り込みと陰影をご確認ください。

20171213125037.jpg
20171213125113.jpg
20171213125210.jpg
20171213125247.jpg
20171213125420.jpg
20171213125455.jpg

窓のスモークの隙間から射す光が、ボンネット

にエッジの効いたラインを描いています。

20171213125631.jpg
20171213125657.jpg

では、12月の晴れた自然光では、どのような表情を

してくれるでしょうか。

 

撮影は12月12日 午後14時頃です。

自然光を浴びたレクサスRCFのリアビューです。

20171213154542.jpg
20171213154621.jpg
20171213154710.jpg
20171213154751.jpg

足元もホイールコーティングで決めました。

20171213155315.jpg
20171213155359.jpg

セルフリストアリングコートに3度目の

ガラスコーティングとなるとかなり神経

を使いましたが、無事施工が完了です。

本日は、ご指名をいただきありがとう

ございました。 店主

 

特殊塗装対応型ハイモースコートとは

20171213162322.jpg
2017121316254.jpg

セルフリストアリングコートの伸縮性を無理やり抑え

込むようなコーティング材ではなく分子的結合を比較的

低分子にコントロールできる超極薄膜で土台作りを

おこない、その上に既存ガラスコーティングを施工

します。

ハイモースコートとラフリコートに採用。

 

レクサスLS500hにガラスコーティング東京都立川

201712810639.jpg
2017128105446.jpg
レクサスLS500hにハイモースコート
 
2017129112819.jpg
2017128101425.jpg
 

太陽や街路灯など光の当たる角度や時間によって

表情が変わるソニッククォーツカラー。

ハイモースコートが完成したLS500hで、ソニック

効果を自然光の下で実験してみました。

 

12月5日午前9時、冷えこむ朝の弱い光の反射です。

さすがに日差しが弱くて、艶は増していますが透明感

や輝きとなると、ぱっとしていません。

 

201712811650.jpg
201712811722.jpg
201712811185.jpg
2017128111847.jpg

次に午後15時頃、もう一度チャレンジです。

夕暮れ時の自然光に映えるフェンダーと

ボンネットの輝きが変化しています。

ハイモースコート特有の青磁のうわぐすり

のような光沢とソニッククォーツの艶とが

相まって深みのある上品な仕上がりになって

います。

 

2017128112038.jpg
201712811217.jpg
201712811378.jpg
2017128113733.jpg

ほぼ同じ時刻、今度は工房内に差し込む自然光

で撮影を試みてみました。

 

2017128114429.jpg
2017128114526.jpg
2017128114633.jpg
201712811472.jpg

同じ自然光でも、時間帯によって艶に変化

がありますね。

さて、LS500hのこわだりをもう少しあげてみると

LS500hのエクステリアー6ライトキャビン

 

2017128132927.jpg
2017128133014.jpg
2017128133118.jpg
2017128133156.jpg

クーペのような流麗なシルエットのLSですが

最も美しいラインは、後席ドアの後方にも窓

を持つ6ライトキャビン。

ピラーとガラス接合部に凹凸がなくなっています。

 

インストルメントパネルとヘッドライトのデザイン

そのほかにもこだわりが、このようなところにも

見受けられます。

 

2017128133327.jpg
2017128133454.jpg

ホイールは20インチのスパッタリング塗装が

美しいノイズリダクションアルミホイール。

 

201712991732.jpg
2017128134329.jpg
2017128134412.jpg
2017128134448.jpg

本日は数ある専門店の中ら、弊社をお選びいただき誠にありがとうございました。店 主

 

特殊塗装対応ガラスコーティング

2017129113758.jpg
2017129113825.jpg

セルフリストアリングコートの伸縮性を無理やり抑え

込むようなコーティング材ではなく分子的結合を比較的

低分子にコントロールできる超極薄膜で土台作りを

おこない、その上に既存ガラスコーティングを施工

します。

ハイモースコートとラフリコートに採用。

 

                                 

セルフリストアリングコートとスクラッチシールド塗装とガラスコーティング

メーカーのホームページやウエブ上で、詳しく取り上げら

れているセルフリストアリングコートスクラッチ

シールド塗装があります。

口コミサイト上でも傷が消えるいや期待したほどでもない

と賛否両論が掲載されるほど関心度が高い自動車塗装です

 

そこで、この特殊塗装を塗膜構成という断面から比べて

みることで、もう一度これらの塗装のメリットと

デメリットはなにか、またコーティング商品との相性

や必要性有無などを取り上げていきます。

 

塗膜構成からセルフリストアリングコート(左)

とスクラッチシールド(右)の違いをみると

20161113133256.jpg

 

 

 

 

 

 

 

セルフリストアリングコートとは

自己修復性耐摺り傷クリアをクリア層に塗布

(ソリッドはカラーベース上)したもの。

押されて圧迫されてひっかかれたキズの修復効果

があります。

 

スクラッチシールド塗装とは

軟質樹脂クリア(すり傷に復元性を持たせた塗料)

カラーベースに塗布したもの。

軽度のすりキズに対して復元。

どうやら、消すことのできる傷には限界があるよう

です。

 

傷の実例 )

今回お受けしたスクラッチシールド車にはドアパネルに

細かな傷が無数についていました。

真夏であれば、外気温で消えてしまう程度のいたみです。

11月の寒い季節のため傷が残ったまま、お客様に納車

されてしまったのでしょう。

傷消しには、研磨剤で磨き処理で取り除きました。

(右の画像)

2016111315481.jpg
20161113154833.jpg

 

また、汚れのこびり付きもスクラッチシールド塗装に限ら

ずセルフリストアリングコートの特徴のひとつです。

シャンプー洗車でも、とれなかったクォーターの汚れ付着

(左)。結局、活性水と研磨剤を組み合わせた磨き処理で

解決(右)することになりました。

 

20161114101120.jpg
20161114101153.jpg

 

これらの実例からセルフリストアリングコートも

スクラッチシールド塗装も確かに素晴らしい自動車塗装

ですが、コーティング商品同様に完璧なものではない

ことです。

消えない傷や汚れの巻き込みそして水しみができやすい

欠点もあります。

セルフリストアリングコートやスクラッチシールド塗装

の弱点を補う対応策を、考えていく必要があります。

 

セルフリストアリングとスクラッチシールドの欠点

一般的な塗装と同様に鉄粉も水あかも付きます。

厄介なのが、外気温やスタイルカラーによっては水あか

や水シミを巻き込んで、取るのに苦労することです。

リセールバリュー(再販価値)を考えれば、白や黒を購入

される方が多いと思いますが、美しい光沢や艶も水シミや

水あかがこびりついてしまっては台無しですね。

その欠点を補うのが、コーティングが最適です。

 

どんなコーティング商品を選ぶべきか

まず、絶対に避けるべきコーティングとしては汚れをよび

込むようなポリマー系やカチカチに硬くなるようなガラス

系コーティングは避けることです。

クリヤー塗装と馴染みやすい柔軟性のある酸化しない商品

として弊社でお勧めしたいのが

 

1位 ハイモースコート(特殊塗装対応型)

2位 ラフリコート(特殊塗装対応型)

3位 バリアクリスタル(グランとファースト)

もう少し詳しく解説してみましょう。

 

特殊塗装対応型とは

塗装の特徴である伸縮性を無理やり抑え込むような

コーティング材ではなく分子的結合を比較的低分子に

コントロールできる超極薄膜で土台作りをおこないます。

クリスタルウォーターが塗装表面に100%無機質の ガラス

被膜を形成させます。

 

バリバリ、ガチガチに固まることがないため伸縮性の

塗装にヒビ割れや塗装をいためることはありません。

セルフリストアリングコートの伸縮に柔軟に対応する

ため剥離することもなく耐久性も抜群です。

クリスタルウォーター(Sio2)はクリヤー表面に電気

メッキ原理で成形されます。

 

このSio2をひきしめた塗装上にガラスコーティング

を施工します。

ただ、ガラスコーティングであればなんでもよい

という訳ではなく、コート材の相性が大切です。

 

 

ランサーエボリューションX10年目の現在

2007年式のランサーエボリューションXの現在

ガラスコーティング施工から10年経過です。

メンテナンスを終えて、エボリューション

いつもながらの記念撮影です。

201712411759.jpg
201712411947.jpg
2017124111828.jpg
2017124111912.jpg

ガラスコーティングのメンテナンスレポート

1年に1~2回ほどメンテナンスをご利用

いただいているランエボですがクリアー塗装

に多少劣化が見られるようになってきました

が、まだまだ頑張っていただきましょう。

 

メンテナンスレポート

今回のメンテナンスでは、3つの作業が

はいりました。

①ボディに付着した油汚れ除去

②リアバンパーの傷処理

③トップコートにセルフクリーニング効果

 のあるコート剤で重ね塗り

201712411142.jpg
2017124111448.jpg

こすり傷だけでなく2か所の傷も研磨しました。

2017124112522.jpg
2017124112557.jpg
2017124112645.jpg
2017124112726.jpg

トップコート重ね塗りを終えたランエボとも

もう少しでお別れの時刻が近づいてきました。

2017124113930.jpg
2017124113957.jpg

ブラックカラーなんですが、照明の反射角度に

よって、ブラウンやグリーンぽっく見えて

しまう特徴のあるスタイルカラーです。

本日も、ご来店いただきありがとうございました。

                店   主

2017124112958.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相模原市ガラスコーティング/BMWX3にラフリコート

BMWX3のガラスコーティング・メンテナンス

2017112717546.jpg
20171127175553.jpg

午前9時半とは思えないほどどんよりした曇り空

とどしゃ降りの雨、その中を相模原市からご来店

いただいたBMWX3は、2014年10月の施工から

3回目のメンテナンスです。

 

メンテナンスレポート

いくら雨が降っているといっても、あまりにも

きれいなボディ。どこをどうメンテナンスをして

よいものなのか悩むほどの状態でした。

まるであら探しするかのように見つけたのが

かすかに付着していた油汚れ。

フロントドアとサイドステップの隙間、これって

BMWでよく見かける油汚れのひとつです。

ほかにもレインレールやボンネットフード内側

またドアノブやキーホールにも黒く付着している

ことがあります。

2017112717926.jpg
2017112717954.jpg
20171127171529.jpg
20171127171621.jpg
20171127171710.jpg
20171127171738.jpg

さて、汚れとりも終えてお客様のご要望のあった

セルフクリーニング効果のある上塗りコーティング

を施工しました。

雨水である程度の汚れが流れおちるセルフ機能です

が、それ以上に反射する光に滑らかさを感じる

ボディに変わりました。

20171127171940.jpg
20171127172039.jpg
20171127172423.jpg
20171127173112.jpg

雨も止み建物の隙間から夕日が差し込む時間が

訪れました。

20171127172159.jpg
2017112716487.jpg
 

あっ、雲が映っている。

車がきれいだと娘が喜ぶんですよ。

とても素敵な言葉をいただき、ありがとうございました。

 

あきる野市ガラスコーティング/エスクードにバリアクリスタル

エスクードのガラスコーティング・メンテナンス

11月にはいって、寒さが身に染みる季節になって

きました。

早速、二つの画像を比べてご覧いただきましょう。

まずひとつめは、ボンネットにキラキラと反射する

付着物です。

20171122113620.jpg
20171122113720.jpg

それを取り除いた塗装(右)と比べてみると

その違いが、よくわかると思います。

この白っぽい斑点は、なんだと思いますか。

実は、水垢なんです。

イオンデポジェトやウォータースポットとは違い

大気中に含まれる微量の油が、塗装表面に付着し

雨によって溶け込んで酸化してこびりついたもの。

スイフトやCX3でも取りあげましたが、長雨の

影響を受けて見られる現象ですが、コーティング

を施工しているため最小限の付着で済んでいます。

 

次にフロントグリルにしみ跡です。

20171122114139.jpg
20171122114236.jpg

 エンジンルームからの放熱によって、水が乾燥して

できたシミでイオンデポジェトとよばれるしみ。

 

バリアクリスタルノア施工から2年経過しています

が、とてもきれいに維持をされていて問題点を見つ

けるのも一苦労です。

20171122114410.jpg
20171122114453.jpg

処理を終えてスッキリしたボンネットには

11月の青空が映っています。

20171122121419.jpg
2017112212159.jpg

ゴムパッキンをコート剤で艶だしできるのは

バリアクリスタルノアの強みで、ゴムの劣化

を長期に防ぐことができます。

2017112212165.jpg
20171122121643.jpg

赤紫色に変色した鉄粉は、リアドアとリアバンパー

の隙間ですが、除去後はパールホワイトのカラーに

明るさが蘇っています。

 

バリアクリスタルノアの光沢と艶

20171122121850.jpg
20171122122435.jpg

バリアクリスタルノアは、スタイルカラーの

色合いをそのまま長い期間維持していくため

の商品です。

テカテカの輝きも深みのある艶も控えめで

塗装色に滑らかさが漂うコーティングです。

20171122122527.jpg
20171122122559.jpg

バリアクリスタルノアのメンテナンスは

2015年8月に施工されたあきる野市

のお客様でした。

本日は、メンテナンスのご利用をいただき

誠にありがとうございました。

 

バリアクリスタルノアのメンテナンスとは

ほかの商品と違って、コーティング剤の重ね塗り

を継続していくことで、オリジナルカラーの保護

と艶の維持を目的とした商品です。

そのため、バリアクリスタルのメンテナンスは

コーティング処理に必要な下地処理に当たります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日産GT-R/E-BNR32型 鉄粉除去

GT-R/E-BNR32型の鉄粉除去

13年半ぶりに32型GT-Rが、大田区からご来店いただきました。

ご依頼は鉄粉除去のご注文ですが、R32に久しぶりに

会った瞬間目頭が熱くなるほどの感動で包み

込まれてしまいました。

磨き屋を開業して30年、2台目のR32ですからね。

話が脱線しそうなので、本題にはいります。

まず、鉄粉除去を終えて記念撮影です。

20171118111442.jpg
20171118111524.jpg
20171118111659.jpg
20171118111732.jpg
2017111811186.jpg
20171118111841.jpg
20171118111912.jpg
20171118111941.jpg
20171118112010.jpg
20171118112053.jpg
20171118112629.jpg
2017111811275.jpg

飽きずに磨き屋を、30年やっていてよかった瞬間

でした。

鉄粉除去レポート

ここで仕事の話を、ちょっと。

鉄粉取りは、特別な方法はありません。

使用するのも、除去剤・粘土・スポンジなどを交互に

使用していくわけで、臭いと目の疲労との根競べ

まあ、精神力つまり粘りです。

20171118114647.jpg

20171118114724.jpg
20171118114821.jpg
20171118114848.jpg
2017111811515.jpg
2017111811521.jpg

 除去した横顔は、一段と美しいさを放っています。

前オーナー様がオールペンしたそうですが、スタイル

は、とても25年前の車と思えないほどです。

しばし、眺めてお別れしましょう。

 

20171118115258.jpg
20171118115325.jpg

本日は、遠方よりご来店いただき

ありがとうございました。店主

関 連 記 事

2015年6月30日 

訪れた日産ギャラリーで記念撮影した

時のGT-Rです。

ル・マン24時間レース展示車

 

 ご参考までに諸元表をコピぺしました。

ご紹介の32型は、1992年に生産された

なかの一台です。

販売期間 1989年8月 - 1994年11月(生産終了)
設計統括 伊藤修令
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン RB26DETT
駆動方式 4WD
最高出力 280PS/6,800rpm
最大トルク 36.00kgf·m/4,400rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:マルチリンク
後:マルチリンク
全長 4,545mm
全幅 1,755mm
全高 1,340mm
ホイールベース 2,615mm
車両重量 標準1,430kg - 1,480kg
Vスペック 1,500kg
総販売台数 4万3,661台
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

東久留米市ガラスコーティング/マツダCX3 追跡レポート

マツダCXのガラスコーティング・メンテナンス

20171115181431.jpg
2017111518153.jpg

2016年1月にバリアクリスタルノアを施工された

東久留米市のお客様がご来店です。

 

バリアクリスタルのメンテナンスレポート

早速、メンテナンスにはいりましょう。

ボンネットにシミ除去剤を塗布している写真

ですが、実はバリアクリスタルの上に

某ケミカル剤を塗布したら、シミができて

しまったということで、この機会に処理して

みることにしました。

20171115181718.jpg
20171115181758.jpg

思っていたよりも手ごわい相手でしたが、何とか降参

してもらいました。

きれいに手直したボディにコーティング剤の重ね塗り

作業も完成しました。

20171115181919.jpg
20171115182047.jpg

コーティング剤を帯電防止クロスに塗布して、ボディ表面

をこするように塗っていきます。

20171115182222.jpg
20171115182252.jpg

 メンテナンスを終えてホットするCX3の後ろ姿です。

塗装そのものの艶と光沢を維持を第一に考えた商品

のため、他の商品のような強烈な輝きはありません

が、とても好感のもてる飽きない艶です。

本日は、ご利用いただきありがとうございました。

                  店  主

20171115182328.jpg
20171115182411.jpg

バリアクリスタルノアのメンテナンスとは

ラフリコートと違って、コーティング剤の重ね塗り

を継続していくことで、塗装保護と艶を維持する

ことを目的としたガラスコーティングです。

施工の際に必要に応じてメンテナンスを取り

入れています。

 

府中市ガラスコーティング/ベンツE320 追跡レポート

ベンツE320 CDIのガラスコーティング・メンテナンス

201711129261.jpg
2017111292632.jpg

 11月の秋空が冴えるベンツE320CDI の

ボンネットの映り込みです。

2014年7月のリアルガラスコート施工から3年半

経過した今月、撥水復元メンテナンスのために

府中からご来店いただいたお客様です。

 

リアルガラスコートのメンテナンス

201711129340.jpg
2017111293427.jpg

3年半ぶりの撥水復元作業でしたが、オーナー様

の行き届いた手入れにいつも感心と感動をいただく

一台です。

ホワイトボックスに収められたブラック色のエンジン

がとても引き立っていますね。

エンジンフードの内側も、ご覧のようにクリーニング

が行き届いていますよ。

2017111295535.jpg
201711129567.jpg

汚れが目立ってしまう箇所をこれだけきれいに

されているとは驚きです。

とても2009年式とは思えない塗装を維持

しています。

201711129576.jpg
2017111295732.jpg

さて、メンテナンスも終えてオーナー様をお待ちする

E320でした。

本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。

                  店   主

2017111295912.jpg
2017111295940.jpg

G'ZOXリアルガラスコートのメンテナンス

リアルガラスコートのメンテナンス専用ケミカル剤

や洗車用品類は、当ショップでは販売しておりません。

当ショップにおけるメンテナンスは

・部分コーティング施工

・撥水復元施工

・その他技術を必要とするメンテナンス

と相談受付になります。

日常的に使用されるメンテナンスケミカル剤や用品の

購入に関しましては、ネット通販のご利用を

お願い申しあげます。

Amazon、楽天市場で購入できます。

小金井市ガラスコーティング/スイフト 追跡レポート

スイフトのガラスコーティング・メンテナンス

長い間降り続けた雨も小休止でしょうか、ガラス

コーティング施工から一年ぶりに小金井市から

スイフトのご来店です。

今回のガラスコーティングのメンテナンスでは

こまかな汚れ取りが中心でした。

綺麗になったSリミッテドのエンジンルーム

と記念撮影です。

 

2017111016417.jpg
20171110164017.jpg

 

メンテナンスレポート

なにしろ、ずっと長雨でしたからね。

ほかの車と同様にスイフトスポーツも水あか

が、うっすらとボディを覆っていました。

オーナー様にお聞きしたのですが、どうも

ボンネットの切れ面に水滴が溜りやすいと

教えてもらいました。

エンジンフードの内側に汚れが溜まっている

のがわかりました。

20171112103424.jpg
201711101704.jpg

 ワイパー周辺機器の樹脂の土ぼこりはよくあること

ですが、レインレールのないフェンダー内側側面も

水あかの垂れた跡が残っていました。

 

2017111017223.jpg
2017111017250.jpg

紫色に反応している鉄粉を除去した後は

コーティングの艶がもどっています。

一見目に止まらないボディの内側もこのように

きれいにするのもメンテナンスの基本です。

 

2017111017348.jpg
2017111017419.jpg

 

さて、次はボディの外回りのメンテナンスです。

まず、左右の画像をよ~く見比べてご覧ください。

左側のドアは、かすかに映り込みがぼけています。

右側は水あかを除去したあとは、映り込みに

透明感がうまれています。

水あかは、雨や大気中に含まれる油分がボディに

吸着して、それが劣化したもの。

これだけ長雨が続くと付着を防ぐことは、とても

難しいことです。

 

2017111017553.jpg
2017111017634.jpg

メンテナンスの最後は、シャッターを開けて自然光

でチェックして終わりです。

2017111017921.jpg
20171110171022.jpg

ラフリコートのメンテナンスの目的

コーティングの重ね塗りは、コート剤が傷んだ部分の補修

的な意味合いになります。

ラフリコート場合、日常の手入れが難しいところを

オーナー様に代わって行うのがメンテナンスの

目的になります。

 

気になったヘッドライトの劣化

ヘッドライトが劣化し始めていること気づきました。

20171110171338.jpg

         

  2009年式としては、いたみは少ないほうですが

 いずれは黄ばみが出てくると思います。

見た感じでは、ライトカバーの裏側のいたみです。

本日はご利用いただき、誠にありがとう

ございました。 店主

 

関 連 記 事

ヘッドライトの黄ばみについて

 

ページ上部へ