ホーム>ガラスコーティング

ガラスコーティング

ガラスコーティングおすすめ/車のコーティング専門店東京都青梅

ハイモースコート

上手なガラスコーティングの選び方、そのポイントとは

価格だけでなくガラスコーティング商品の選び方を、3つのポイント

で商品を比較しながら評価しました。

1)汚れの取れやすさ

2)洗車傷に対する強さ

3)光沢と艶さらに特殊塗装との相性

 

1)汚れの取れやすさ

まず、最も気になる汚れについてです。

これはソフト99のデータですが、ハイモースコートの汚れの付き具合の実験です。

テストピースによる実験

テストピースによる実験

左半分は、油性マジックすらはねのけて、いかに耐汚染性能が優れているかおわかりになるでしょう。

(商品:ハイモースコート)

このデータと弊社の施工事例から油汚れ(水あか)のこびり付き少ない商品ベスト3は

 

1位 ハイモースコート

2位 ラフリコート

3位 バリアクリスタル(フィァーストプレミアム)

 

商品の解説 )

水あかが、うっすらとこびり付いているドアパネル(上)

のAゾーンと汚れを取った後のドア(下)です。

透明感に差が出ていますし、映り込みにも違いが

ありますね。

親水タイプのラフリコートですが、他社商品に比べると

非常にこびり付きが少ないです。

その理由は、セルフクリーニング効果によって雨水で

ある程度汚れを流してしまうからです。

もし、コーティングを施工していない場合、水あかの

量も多くこびりつきで頑固になっています。

20171115124857.jpg

 

 

 

 

 

 

20171115125038.jpg

 

 

 

 

 

 

 もっとも油汚れを寄せ付けないのが、超撥水タイプ

のハイモースコートですが、青空駐車で休みの曜日

ぐらいしかハンドルを握らない方に、これら3種類の

商品は、お勧めのガラスコーティング商品です。

 

ご自分で洗車される方の場合、親水タイプよりも

撥水タイプのほうが、洗車時間が短くてすみますし

水滴がころころ落ちていくその様子に洗車が楽しく

なります。

 

撥水力の持続性のほうは、ハイモスコートで2年

バリアクリスタルとラフリコートは短くて半年ほどです

が、個々の使用状況や保管条件によってはバラツキ

がでてきます。

急激な撥水の低下がある場合、どのメーカーの

商品でもいえることですが、その原因としては

 

・溶けた花粉のこびりつき

・撥水機能を低下させるシャンプー

・水道水に含まれるミネラルのこびりつき

その対処方法としては

・お湯でこびり付いた花粉を溶かして除去してみる

・中性のカーシャンプーでの洗車を実施

・あまり気温が高い日を避けることやミネラル除去剤で

 付着したミネラルを取り除くことをお勧めします。

 

持続性を少しでも延ばす方法として、撥水クロスを

使用することもひとつです。

 

2017128105614.jpg

 

 

 

 

 

 

 

2)洗車傷の対する強さ

ハイモースコートは、モースコード7レベルの硬い被膜傷がつきずらい特徴があります。

擦りキズに対して耐スクラッチ性が高い商品です。

ハイモースコートと従来撥水コート

耐スクラッチ性テスト ※洗浄試験後にマイクロファイバー クロスを取り付け500回研磨。

テスト後の表面状態(×400倍)

 

手洗い洗車で、傷がつきづらいガラスコーティングを並べてみると

1位 ハイモースコート

2位 ハイドロフィニッシュ(ホームページ未掲載商品)

3位 ラフリコート・バリアクリスタル

の順位になります。

 

商品の解説 )

傷に対して強い(つきづらい)かどうかを、数値で表記

したのがモース硬度です。

これは、何かでひっかいたときの傷のつきにくさのこと。

たたいて壊れるかどうかの堅牢さではありませんが手洗

い洗車では、参考にはなります。

 

マイクロファイバーでの実験は、洗車傷が付着しやすい

のは、汚れを流す時よりもふき取る時のほうが多いから

です。

コーティング剤の塗装との密着性によって傷の増減が

左右さえるだけにこの実験は、とても参考になります。

 

ハイドロフィニッシュとは、ハイモースコート同様

施工後はかなり硬い被膜で塗装を保護する商品です。

ただ傷といっても,その種類もいろいろですから完璧な

ものではありません。

商品詳細は異なりますが、簡単に言えば

・超撥水タイプのハイモースコート

・疎水性のハイドロフィニッシュ

と受け止めていただければと思います。

 

3)光沢と艶さらに特殊塗装との相性

セルフリストアリングコートとスクラッチシールド塗装

トヨタや日産からキズに対応した自動車塗装が販売されて

います。

この特殊塗装と相性のよいガラスコーティングには

1位 ハイモースコート(特殊塗装対応改良型)

2位 ラフリコート

3位 バリアクリスタル(グランとファーストプレミアム)

 

特殊塗装対応改良型とは

塗装の特徴である伸縮性を無理やり抑え込むような

コーティング材ではなく分子的結合を比較的低分子に

コントロールできる超極薄膜で土台作りをおこないます。

クリスタルウォーターが塗装表面に100%無機質の ガラス

被膜を形成させます。

バリバリ、ガチガチに固まることがないため伸縮性の

塗装にヒビ割れや塗装をいためることはありません。

塗装の伸縮に柔軟に対応するため剥離することもなく

耐久性も抜群の効果があります。

 

トヨタ202や212などのブラックカラー

これらの塗装は、手洗い洗車するたびに洗車傷が目立って

くるのが特徴です。

その悩みを解決できるコーティングとなると、なかなか

見当たりません。

温度の変化で膨張と収縮を繰り返す塗装に一回のガラス

コーティング施工で長期に対応できるコーティング商品

まだ完成されていないのが現状です。

そのなかで、お勧めしたい商品は

・バリアクリスタルファーストプレミアム

・バリアクリスタルグランプレミアム

ハイモースコート(特殊塗装対応改良型)

 

商品の解説 )

特殊塗装には、ほとんどのコーティング商品が施工が可能です。

しかし、耐久性や機能効果が十分に発揮できる商品は

少ないのが現実です。

 

施工例

レクサスRCFに輝きと艶をハイモースコートで実現

20171215155850.jpg

 

 

 

 

 

 

 

レクサスLS500hに特殊塗装対応ハイモースコート

を施工しました。

ソニッククォーツカラーの美しい艶をご覧ください。

201712995432.jpg

 

 

 

 

 

 

 東京ハイモースコート/ガラスコーティング

2層構造のガラス系ボディコーティング。

平滑面の塗装表面にプライマー膜をつくりその上に超撥水

トップコートを重ねて架橋作用によるバリア性能で塗装

保護するガラス系ボディコーティングです。

ガラス被膜はsio4フッ素層がF3Cで形成されますので

2層の接触面が高分子結合され他にない耐久性を実現。

 

優れた撥水力と耐擦りキズ性能

ハイモースコートの撥水力

ハイモースコートの撥水力

石油系溶剤などの添加剤が含まれた撥水被膜は雨染みが

付きやすい欠点がありました。また水滴と塗装面の接触角度によっても、レンズ効果により雨染みの付着が避けられませんでしたが、「ハイモースコ—ト」の接触角度は110度と高角度の為雨染みの付着を軽減を可能にしました。

 

ハイモースコート3つの特徴

  • 優れた撥水性と撥油性
  • 防汚性
  • 耐洗浄性・耐スクラッチ性

 耐擦りキズ性能

モースコード7レベルの硬い被膜を実現。耐スクラッチ性が向上します。

擦りキズは非常に少なく、耐スクラッチ性が高い。

ハイモースコートと従来撥水コート

耐スクラッチ性テスト

※洗浄試験後にマイクロファイバー クロスを取り付け、500回研磨。テスト後の表面状態(×400倍)

 

ハイモースコートへの取組み

20171029112511.jpg

 

 

 

 

 

 

平成20年10月1日

ハイモースコートの認定証及び販売実績で

表彰されました。

 

自動車塗装によっては、ガラスコーティングに相性

というものがあります。

弊社では、あらゆる自動車塗装に対応できるように

ハイモースコートの品質改善を、独自におこなって

います。

ハイモースコートの販売価格を抑えながら品質の

向上と維持の実施です。

例えば、3台の代車と駐車場を確保していましたが

これにかかる経費を削減するため、ご希望の方には

レンタカーを手配することで、経費を削減しながら

ハイモースコートの値段を抑えて、あまった資金を

ハイモースなどの品質向上投入しています。

 

例えば、自動車特殊塗装への対応です。

レクサスセルフリストアリングコートや日産の

スクラッチ対応です。

セルフリストアリングコートとスクラッチシールド

塗装に対応型ハイモースコートの施工例です。

レクサスRCFにハイモースコート

20171114131754.jpg

 

 

 

 

 

 

 

東京リアルガラスコート/ガラスコーティング

撥水性能の効果

リアルガラスコートの特長

リアルガラスコートは、触媒硬化型ガラス被膜に撥水性を備えた2液型ガラス系コーティングです。

一番の特徴は、雨天走行の爽快感や洗車水のふき取りの手軽さにあります。
撥水性だからこそ、体感できる楽しいガラスコーティングのひとつです。

高温にも強く汚れが被膜内に入り込まない

リアルガラスコートの特長

油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とせます。

酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減。

被膜の軟化はみられず汚れは水洗いだけで洗い流せる。 実例画像>>

従来のコーティング剤<樹脂系被膜>

従来のコーティング剤

高温時に汚れが被膜内に入り込む

油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため汚れを寄せ付けます。

このため、ボディに付着した水滴などにホコリなどの汚れが含まれ、乾燥後にボディに汚れが残ってしまいます。

性能動画 G'ZOX公式サイト >>

当店の取組み

ボディーケアの特性を十分に発揮できるように、肌調整液で紫外線による色あせ防止と平滑性を高めたコート施工を心がけています。
美しさが冴える光沢性と撥水機能の耐久性が、さらに向上して強くなります。

リアルガラスコートから3年半経過したベンツE320

は、2009年式でも抜群の艶を維持しています。

ベンツE320CDIの撥水復元

20171112113324.jpg

 

 

 

 

 

 

 

東京ラフリコート/ガラスコーティング

2階層ガラスコーティング(アンダーコートとトップコート)

光の反射率の異なる2種類のガラスコーティングの組み合わせから、絶妙な光沢と艶が生まれてきます。

 

特徴

2階層コートで塗装保護と光沢維持。

  • アンダーコートは、塗装の色あせと酸化防止
  • トップコートは、汚染防止と光沢アップでアンダーコートを保護 
  • 親水と撥水を、好みに応じて選択が可能
光沢 光の反射率の異なる2つのコートから、上品な光沢と滑らかな艶が生まれます。
耐久性 メンテナンスを利用されない場合は、4年間の耐久性になります。
メンテナンスを利用することで4年後に大きな出費をかけずとも、コーティング効果がさらに持続していきます。
メンテナンス トップコートのメンテナンスだけで、長期に塗装保護効果と光沢を実現します。

 

ラフリコートのメンテナンスについて

コーティング表面も、年数経過にともない汚れの付着がでてきたり傷んできます。

査定価格や残りの使用期間から2度目のコーティングに

なかなか決心しづらいこともあります。

ラフリコートは一回の施工だけで、後はトップコートの

メンテナンスで長期に効果が持続していきます。

他のコーティングと異なり、何度も高い費用をかけて施工

を繰り返す必要もないためとても経済的なコーティング

です。

施工例

アウディA4のラフリコート施工詳細

20171114135754.jpg

 

 

 

 

 

 

 

東京バリアクリスタル/ガラスコーティング

バリアクリスタルシリーズは、ナノ・グランプレミアム

ファーストプレミアムの3種類をご用意。

 

第1層について )

20~30ナノメートルの100%無機質ガラス成分とクリヤー

塗装分子が分子結合させるもので超極薄膜で塗装を

保護します。

数十倍濃縮されたホウ酸シリカが塗装分子の隙間

に浸透して空気中のCO2と結合し水ガラスに含まれる

ナトリウム・シリカ成分が結晶化した集合体がガラス被膜

を形成していきます。

Sio2はクリヤー表面に電気メッキ原理で成形されます。

第1ガラス膜はナノレベルで塗装分子との結合をします。塗装が取れない限り半永久的な100%無機質ガラス膜です。2層目は低分子シラン系化合物Ⅱによる重合体の2層ガラス被膜構造となります。

第2層目に各商品であるナノ・グランプレミアム・ファーストプレミアムになります。

 

バリアクリスタルナノ 

主成分はホウ酸シリカ 防染性と塗装保護

 

バリアクリスタルグランプレミアム 

主成分は低分子シラン系化合物Ⅱ2層

のガラス被膜(低分子オリゴマーと

シロキサン)

 

バリアクリスタルファーストプレミアム 

主成分は低分子シラン系化合物Ⅱ

に超撥水シリコン3層のガラス被膜

 

バリアクリスタルナノは、旧ウォーターコートの改良版。

5年間に定期メンテナンスを有料で利用できます。

塗装本来の色にクリヤー層を1枚重ねたような艶が特徴で

多少の汚れなら雨水で流れるセルフクリーニング効果

があります。

 

バリアクリスタルグランプレミアム

セルフクリーニング効果や特殊塗装である

セルフリストアリングコートやスクラッチシールド塗装と

相性が抜群で、光沢や艶もしっとりした上品な

撥水ガラスコーティングです。

 

バリアクリスタルファーストプレミアムは、セルフクリー

ニング効果やグランプレミアムを超撥水化したガラス

コーティングで、ハイモースコートと同レベルの光沢

や艶が美しい商品です。

違いは撥水力の目的にあります。

ハイモースコートは、1~2年の長期撥水力で汚れ防止

バリアクリスタルファーストプレミアムは、6月ほどの

耐久性で季節や好みにあわせて親水と撥水にチェンジ

できることです。

 

例えば、梅雨やゲリラ豪雨の多い季節は、セルフクリー

ニング効果と撥水力で汚れ防止。

真夏の暑い季節や黄砂や花粉の季節は、親水タイプ

で土ほこりを目立たないようにする目的で使い分ける

こともできます。

 

マツダCX3のバリアクリスタル施工

2017111519916.jpg

 

 

 

 

 

 

 

エスクードにバリアクリスタル施工

2017112217158.jpg

 

 

 

 

 

ご予約・問合せ

 

 

予約受付

担当の穴田です お気軽にお問合わせ下さい

担当の穴田です。お気軽にお問合わせ下さい。

ご注文は完全予約制でお受けしております。完成車の引渡しと受け取り時間は、
ご要望にあわせ21時まで対応させていただきます。

営業時間

平日10:00~20:00 土・日10:00~19:00

定休日 火曜日
TEL 0428-84-0226 ※火曜日の定休日は、電話による受付はお受けできません。
メールでの予約 こちらから

【プライバシーの保護】
車のガラスコーティングビューティー106では、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所、氏名、メールアドレスなど)を当社以外の第三者に譲渡または公開するようなことは決して致しません。どうぞ安心してご利用下さい。

ガラスコーティング施工工程

ガラスコーティング施工は、塗装の下地処理とコート剤処理で完成させる商品です。

 

洗車と付着物除去
納車

こだわりの活性水車

洗浄力の強い活性水は、汚れを浮かしながら落とす力があります。

また、帯電防止効果があるため、冬場の静電気発生を抑えたり浮遊のホコリも塗装表面に寄せ付けません。

鉄粉などの付着物も、平行して処理をおこないます。

矢印
塗装診断と養生

 

塗装診断と養生

作業前のボディ診断

キズやシミそして補修跡などの有無の診断が目的です。この結果から、必要な施工工程(手順と作業時間)が決められていきます。

養生作業

マスキングテープなどの養生製品を使用し、ゴムパッキンやクロームメッキ部分さらにウインドウなどを、コンパウンドの付着防止や工具によって痛めないように保護していきます。

矢印
肌調整
肌調整

独自の肌調整

肌調整とは、コーティング施工に必要な平滑な塗装表面をつくりあげる工程のことです。

過去には、研磨剤で滑らかな塗装表面に仕上げる方法が用いられていました。

しかし現在では、塗装の変化に合わせ研磨剤を使わない肌調整を採用することで、コート剤施工に必要な平滑な塗装表面を作り上げいます。

塗装の仕組み詳細→

 

この後、各コーティング施工に入ります。

塗装を大切に傷めない独自の磨きで車に合わせた仕上がり

磨き処理(研磨作業)にどのような印象をもたれますか

塗装を削る目的やその結果塗装を薄くしてしまう不安

塗装を削りすぎて耐久性が弱くなってしまうのでは

  不安や疑問をお持ち方は、是非ご相談ください。

                            店 主       

ページ上部へ