ホーム>ウェルム

ウェルム

ウェルム

最高技術の結晶 環境適合型超硬化シリカ皮膜

ウェルム(Whelm)は、シロキサン結合に無溶剤フッ素樹脂をバインダーに使用。
これにより塗装表面に残る水滴が、超撥水となりシリカケースの付着を最小限に抑えしっとり深みのある光沢が生まれます。

ウェルム

ウェルム5つの特徴

  • 超耐久性被膜
  • 環境適合
  • 超撥水性
  • 卓越した硬度と硬膜
  • 深みのある光沢

 

完全無機高分子シリカ被膜

高硬度で緻密な完全無機高分子シリカ被膜を形成。

※Whelmは常温硬化にて完全無機高分子シリカ被膜を形成します。
表面層乾燥は2時間程度ですが、48時間で完全硬化します。

超撥水性と超耐久性被膜

ウェルム施工後の洗車では、ご覧のように数秒で水滴が流れ落ちていきます。
シリカスケールを押さえるだけでなく、洗車の拭き取り時間も大幅にカットしてくれます。

ビフォー yajirusi アフター

時代は撥水から超撥水へ

ほとんど水滴が残らないような流れ方をするウェルム。
これは、シロキサン結合に無溶剤フッソ樹脂をバインダーに用いることで、超撥水を実現しました。

超耐久性被膜 -シリカ成分95%以上-

超耐久性被膜

従来の有機溶剤系コーティングでは酸化劣化を防げない難点がありましたが、 完全無機高分子シリカ被膜を形成するガラス系コーティングですので、長期間耐久が可能になりました。

また他社製ガラス系コーティングとは、画一的にシリカ成分の含有量が95%~98%と違いますので、圧倒的な耐久性を誇ります。

また通常の汚れは左図のように、シリカ被膜の上に乗っている状態ですので手洗い洗車にて簡単に落とせます。

日常の手入れ方法と撥水機能の復元メンテナンスについて

ウェルム施工後の手入れは、水洗いかシャンプー洗車が中心となります。
ウロコジミを超撥水によって最小限に抑えながら、洗車の楽しさを体感できるのが、ウェルムの良さです。
万一、撥水力が弱まってきた時は、撥水力を高める2つの方法から選ぶことができます。

  1. 自分で撥水シャンプーの利用
  2. 当店において撥水メンテナンスを利用

撥水力が低下する原因

  • 撥水基の寿命
  • 塩カル剤のこびり付き 
  • 間違ったシャンプー選び 
  • 水道水をかけたまま放置

 などが上げられます。

撥水力を維持する上での注意事項を2点ほどお伝えします。

塩カル剤の付着

リアルガラスコートやハイモースコートも同様ですが、雪道走行後の手入れに若干の配慮が必要です。
塩カル剤の残留物が、撥水基を包みこみ撥水機能の低下を招くことがあるからです。

当店では、雪道走行されるお客様に、塩カル剤の対応ついてご説明差し上げております。

シャンプーの選び方

ウェルムに限らず無機質のガラスコーティングに適したものは、中性の濃色車用カーシャンプー。

間違っても、研磨剤が含まれたホワイト車向けや撥水コーティング専用を使用しないことです。接触角が異なる撥水シャンプーだと、ウェルムの良さが半減してしまいます。

また、高価なシャンプーや洗車道具も揃える必要はありません。

もう一層クリアーを重ねたような光沢。さらにウロコジミを超撥水によって最小限に抑えながら、洗車の楽しさを体感できるのが、ウェルムの良さです。

施工例

施工例

ウェルムのことなら、ビューティー106まで

メンテナンスサポート | ユーザーケアー ウェルム オフィシャルサイト ウェルム

一覧へ戻る

ページ上部へ