ホーム>キズの種類/消える傷と消えないキズ

キズの種類/消える傷と消えないキズ

キズの種類/車の消える傷・消えないキズ

車の消える傷・消えないキズ

車の手入れで気になってくるといえば、ボディに目につく

いろいろな傷があります。

こすり傷・洗車傷・線傷・飛び石キズ・いたずら傷

凹み傷・ドアノブの爪傷・飛び石傷・ヘアースクラッチ

(曲線キズ)などたくさんの種類があります。

傷を消すのに、どんな方法があるのか修理方法

を取り上げてみました。

消える傷と消えないキズの判断と対処方法

消える傷と消えないキズの判断は、 傷の形と深さ から

決めますが、傷を消す方法は大きく分けて3通りほど

あります

 

①傷消し商品DIY

②板金塗装の専門店に依頼

③磨き(研磨)専門店に依頼

 

①傷消しDIY商品

一般の方が、ご自分で容易に安くできる傷消しDIY商品に

は、傷消しクリーム・傷消しペン・エアータッチ・傷消しシート

タッチアップペイントなどがあります。

傷消しクリーム・傷消しペン・傷消しシートは、だれでも

使いやすい商品ですが、補修跡が凹んで残ったり色合わ

せが難しかったりキズの幅よりも液がはみだしたりと

それぞれに難しい面があります。

 

エアータッチは、風や直射日光が当たらない屋内での

作業を忘れてはいけません。

 

どの商品にも一長一短ありますが、どのような傷補修

に効果があるのか考えてみましょう。

 

例えば、ボンネットの飛び石傷の補修

剥がれた跡がさびるのが怖いけれど

・ボンネット全部塗装を塗り直すことまでしたくない

・タッチペンで塗ると汚くなりそう

・飛び石補修に保険が適用されるのか

など、小さな補修であっても悩みが出てくるもの

です。

そこで、まずソフト99さんの傷補修手順をサイト

をご覧になって、ご自分でできるか判断して

みてください。

 

ソフト99 飛び石キズ補修キットについて

 

洗車傷消しを研磨剤(コンパンド)で手磨き

コンパウンドを使った傷けしは、ひと昔前の塗装(2液型

塗装)のホワイト系なら、失敗は少なかったかもしれませ

んが、現在の塗装を手磨きすることは避けたほうが無難

だと思います。

 

202や212ブラック塗装のほかにもスクラッチシールド

セルフリストアリングコートなどの特殊塗装の手磨きは

極力避けてください。

磨きは、ご自分ではやらずにプロに依頼されたほうが

よろしいと思います。

・板金塗装業

・コーティング業

などの専門ショップです。

 

ドアミラーやバンパーのこすり傷補修

こすり傷といっても線傷・ひっかき傷・えぐれた傷

によって、補修方法がかわります。

ご自分で補修ができるかどうか、やはりソフト99さん

のサイトを、参考にされてください。

 

補修ナビ 99工房

 

ご自分ではむずかしいと判断された場合は、専門の

板金塗装屋さんにご依頼されたほうが、安心だと

思います。

 

②板金塗装の専門店に依頼

一時期、設備を借りて経験者のアドバイスを受けながら

素人の方が塗装が塗れる技術指導してくれるサービスを

提供するショップがありました。

いつの間にかなくなってしまいましたが、板金塗装は

とても難しい技術で、職人さんによって同じ設備を使って

も出来上がりに差が出るほどでDIY商品のように簡単に

はいきません。

凹みを直すデントリペアも大変難しい技術職です。

 

板金塗装の利用を決めるポイントとして

(1)まず、どのような傷に再塗装がピッタリなのか

(事故などの大きな凹みや塗装のハガレ傷を除いて)

(2)ディラーと専門ショップの仕上がりレベルと費用

 

例えば、「傷補修 板金塗装 」でウェブ検索すると

口コミサイトも含めて、いろいろな情報が掲載されて

いますので、参考になるはずです。

注意点としては、値段だけで決めるのは避けた

ほうがよいと思います。

 

③磨き(研磨)専門店に依頼

磨きによる傷消しは、すべてのキズに対応できるわけでは

ありせんが、非常に効果があります。

ただ残念なことに、研磨剤を使った磨き(研磨)で塗装の

傷消しだけを受けてくれる専門店が少ないことです。

 

その理由としては、時間がかかる割には磨きの料金が

安いことがあげられます。

また、磨くことで塗装の耐スリ傷強度が低下して逆に傷が

増えてしまったり、劣化のスピードが速まったりと塗装を

削ることによる問題が残ることもあるためです。

 

ご自分で磨くには )

ダブルアクションやバフなどの道具を使いこなせる経験者

でコンパンドの選択が正しければ、磨けると思います。

ただし建物の中での作業と特殊塗装を除くことが条件です

自動車塗装によって、磨き方が異なるため知識と技術が

ないと残念な結果になってしまいます。

依頼先は、板金塗装店かコーティング施工店に問合わせ

されることをお勧めします。

 

車の傷防止策

ボディに傷をつけたくない、これ以上傷を増やしたくない

そんな思いを叶えてくれそうな塗装保護としてご提案

したいのが、次の2つの商品です。

 

 ・プロテクションフイルム(シート)/ラッピング

 ・ガラスコーティング

 

プロテクションフィルムもガラスコーティングも、ネット

通販や施工専門店などから購入したり専門店に施工

の依頼ができます。

ただ注意点として、傷防止といっても全く異なる商品です

 

プロテクションフィルムは、走行中の虫や小石また雨水を

塗装直接触れさせないことが目的。

 

ガラスコーティングは、光沢や艶さらに汚れ除去の簡便性

ためコート剤で塗装表面を保護するのが目的。

ただコート剤によっては、傷にたいして弱いものも

ありますので、よく調べることを、お勧めします。

 

どちらの商品もメンテナンスは必要になってきますが

ボディ全体の保護を考える場合は、プロテクション

フィルムは高額な値段になりますので、よく検討

されたほうがよろしいと思います。

 

磨き処理による傷消し

さて、次に磨き処理(研磨)で消える傷と消えないキズの判断です。

(実例1)キズ消し(キズAとBタイプ)

処理前   処理後
ビフォー yajirusi アフター

塗装表面のこすりキズがわかるでしょうか。
(キズのタイプはAとBタイプ)
風景の写りもボケた印象ですね。

  キズは消えボディカラーもよみがえり
木の写りこみもはっきりと。

(実例2)キズ消し(キズEタイプ)

処理前   処理後
ビフォー yajirusi アフター
リヤクォーター部についてるキズです。
(キズのタイプはEタイプ)
  ミガキ処理法だけでキズは見えなくなり、
色ツヤも再現されました。

(実例3)色あせと付着物のあるドアミラーの修復にも磨き処理

磨き処理はキズを消すだけに使われるものではなく、古くなった塗装の色あせや酸化塗膜を取り除くことにも活用されます。

年数経過に伴い、塗装表面にはいろいろなダメージが発生しているものです。
これらのダメージの修復にも、磨き処理が活用されているわけです。

処理前   処理後
ビフォー yajirusi アフター
塗装表面には、キズの他に虫の残骸や塗料の付着跡が。
白い直線ラインはこすった際、塗料が付着したもので、ハガレとは違います。
  キズはもちろんのこと虫の残骸もきれいにサッパリ。
(虫の付着は放置時間が長いと、虫の酸によりシミができることも。
この時は補修は再塗装しかない。)
 

このように磨き処理でかなりのキズを消すことができますが、全てのキズに対応できるわけ

ではなくやはり消えないキズもあります。

もっと詳しく知りたい方は塗装の断面図で詳細解説を参照してください。

 

当ショップでお受けできる傷消し

ボンネットの飛び石傷補修

磨き飛び石傷補修ボンネットのキズ(研磨)による傷消し

をご覧ください。

 

○磨き(研磨)による傷消し

塗装表面を磨きすぎると、耐スリキズ性強度が低下し処理後に傷が増えてしまう

ことがあります。

このことを良くご理解のうえで、磨き処理で傷消しを希望されるか決めてください。

お受けできるのは、洗車傷やこすり傷が対象です。

(1)磨き範囲は、パネル1~2枚を限度にさせて

   いただきます。

(2)傷の範囲(面積)と形状を拝見した上で、お受け

   できるかどうかご相談させていただきます。

  ※形と深さによっては、消すことが不可能なためです。

(3)弊社以外のコーティング施工車の傷消しは

   お受けしません。

  ※磨き処理した塗装表面に保護剤の塗布を容易に

    するためです。

(4)ボディ全体の磨き処理は原則お断りしております。

   ※理由としては、冒頭お伝えしましたように傷消し

     による耐スリキズ性強度が低下するためで

     磨いたあとのボディは、傷が増えたりシミなど

     ができやすくなるためです。

 

磨き料金について )

パネル1枚5.400~8.400円、パネル2枚(10.800~17.280円)を限度とします。

 

傷から塗装保護/ガラスコーティング比較

理論上の数値(メーカーカタログ)と施工後のフォロー経験の両面から、各商品の

感想を述べてみました。(個人的な意見です)

傷に強い(つきづらい)順位は

  1位 ハイモースコート          

  2位 ハイドロフィニッシュ

  3位 ラフリコート・ウェルム・バリアクリスタル

 

セルフリストアリング・スクラッチシールドとの相性

  1位 バリアクリスタルファーストプレミアム

  2位 バリアクリスタルナノ

  3位 ハイモースコート

ガラスコーティング詳細はこちらをご覧ください。

 

磨き処理で消える傷・消えないキズー実例Ⅰ

研磨剤を使った磨き処理による傷消しは、傷の

形と深さで消えるかどうかが決まります。

 

実例1 )

左フロンフェンダーに100円玉で、いたずら傷を

つけられた跡ですが、厚みが1.7mmほどの100円玉

に相当力をいれて塗装表面を擦った傷です。

水研ぎペーパーと研磨剤で磨いた(バフがけ)のが

右の画像ですが、まだ、肉眼で確認ができるかすかな

傷のラインが残っています。

20161222113955.jpg
20161222114152.jpg

実例2 )

フロンドアパネルの処理前(左)と処理後(右)

を比べながらご覧ください。

20161222122542.jpg
2016122212264.jpg

説明 )

さらに水研ぎとバフかけをするとクリヤーがなくなって

ベースコートがむき出しになる危険があるため多少

傷のラインがのこっていても、ここで処理を取りやめ

ることにしました。

 

実例3 )

磨き処理では、消すことのできない傷の例です。

同じ車のフロンドアパネルの上部についていた

キズですが、コインではなくキーでつけたような

傷跡です。

2016122213191.jpg
20161222131931.jpg

対処方法 )

このようなケースでは、DIY補修かパネル一枚

再塗装しか解決方法がありません。

注意点としては、DIY補修では色が合いません

ので、それが気になられるようでしたら費用が

高くとも、プロの板金塗装業者さんにお願い

することをお勧めします。

 

塗装の断面で見るとDタイプの傷になります。

上塗装(クリヤー)が完全にはがれてしまい

中塗装(ベースコート)まで、深くえぐれている

状態になっています。

 

5種類のキズ断面図

 

 

 

 

傷の形(図解)/車の消える傷と消えないキズ

傷の形(図解)

5種類のキズ断面図

消える傷と消えないキズ

いっけん無数にあるキズも「形と深さ」から、ほぼ5種類に分けられます。

この図解は、かなり古い車の塗装のものですが、説明がしやすいため利用してみます。尚、近年の塗装断面図に関しては、塗装の仕組みを参照してください。

年代によって塗装の仕組みの違いが分かると思います。

早速、磨き処理を使ったキズ消しについて、説明をしましょう。

Aタイプのキズ

付着の原因はスーパーのパーキングで、ジーパンでこすられた時にできたもの。

ツメ先を塗装表面にあて、こすっても引っかかりがない程度の深さしかありません。

このようなキズの場合、十分に上塗り層(クリアー層)が残っているため、面積が

広くとも磨き処理で消えます。高い費用をかけた再塗装は必要ありません。

ビフォー 断面図A

雨の日や洗車でボディが濡れていると、見えないのが特徴。 いっけん、塗装(ボディ色)がはがれているように見える。 キズ幅があるけど、深さがなく浅い。

Bタイプ・Cタイプのキズ

SS店でタイヤ洗浄用のブラシで洗車後、古く固くなったタオルで強く拭かれてできたキズ。
画像では見分けが付かないほど、BとCのキズが入り乱れています。

磨き処理とキズ穴埋めを組み合わせることで、ほぼ肉眼では分からない程度までキズ消しが可能となります。ボディー全体となると、処理時間も費用もかなり高いものになりますけれど、それでも全面再塗装よりは費用が安くすみます。

Cタイプに似たキズに猫のツメ跡がありますが、キズ幅が狭く深いために磨き処理では、ほとんど消去することが難しいタイプのキズとなります。

Bタイプ・Cタイプのキズ 断面図B・C

このキズに類似したものに、自動洗車機(ブラシ型)によるキズがある。
 

Dタイプのキズ

何か固い物で強い衝撃が加わり、塗装の中塗り層まで食いこんでいます。
このタイプは、キズと言うよりもハガレの分類にはいります。一目でボディ色と異なるため見分けがつきます。

このようなキズは、磨き処理やキズ穴埋めで消すことが不可能であり、対処としてはハガレの面積が小さい場合はタッチペン補修や弊社で行っている『キズ穴埋め』の技術で対応することも可能です。ただ面積が広い場合は再塗装しか解決策が残っていません。

よく心配されるサビですが、中塗りと下塗りが残っている状態ですから、サビの心配はありません。

Dタイプのキズ 断面図D

よく勘違いするのが、キズとハガレの区別。
このケースはボディ色が完全にハガレてしまい、中塗り層が出ています。

消すには再塗装しかありません。完全な状態にするには、パネル毎1枚再塗装しなければならず高い補修費になることも。

Eタイプのキズ

このタイプは、あきらかにいたずらによるキズ。
キズ幅がある割には、深さがないので小さな子のイタズラでしょうか?

いたずらに使ったものによりますが、キズ幅があっても浅く上塗りが十分に残っていますから、磨き処理と『キズ穴埋め』技術でキズを消すことが可能です。

Eタイプのキズ 断面図E

 

一覧へ戻る

ページ上部へ