ホーム>洗車機豆知識

洗車機豆知識

洗車機

洗車機には、おおざっぱに分けて「ナイロンブラシ」・「布ブラシ」・「スポンジブラシ」「ノンブラシ」などあります。
コーティング施工後の洗車はどの方法を選べばよいものか、まとめてみました。

種類 特徴 欠点
ナイロンブラシ

歯ブラシみたいなものですが、細かいところまで、汚れを落とせるが、良いところ。

キズが入ること
洗車キズが気になる方やコーティング耐久性が落ちるため使用しないほうがよい。
布ブラシ

眼鏡拭き素材やゴルフ手袋素材で出来ているため、ボディにキズが付きにくい。

洗い残しがでるのが欠点。
また、セルフ洗車を利用する場合、ワイパーやアンテナなどを、巻き込むことがあるため注意が必要。
スポンジブラシ

うどんほど太いかためのスポンジを使用。
どうも使用耐久性に問題があるようですが汚れはよく落ちます。

使用年数の経過した古いものは、避けた方がよい。
ブラシが古くなると縦に避けるためアンテナなど突起物の破損につながることも。
ノンブラシ

ブラシのない門型洗車機。
乾燥機能があり仕上がりがはやい。

使用の際は、水洗いで止めておくこと。
シャンプー洗車の場合、シャンプー液は水圧だけでは落ちきれないので、シミや汚れのこびり付きが起きやすいので注意が必要。

洗車方法対応表

参考に弊社で取り扱っているガラスコーティング商品は、どの自動洗車機を使えるでしょうか。

商品名 バリアクリスタル ラフリコート リアルガラスコート ウェルム ハイモースコート

こんな方にお勧め

親水タイプ

水シミはできづらい
撥水タイプよりも拭き取りに時間がかかる

親水タイプ

撥水タイプ

水シミはできづらい
洗車方法を、時と場所に合わせて選べる

撥水タイプ

汚れ落としと拭き取りは親水タイプよりは簡単
超撥水タイプ

汚れ落としと拭き取りは実に簡単
洗車キズがつきづらい
超撥水タイプ

洗車の拭き取り作業はもっとも簡単
洗車キズがつきづらい
洗車方法 バケツの水だけでふき取り × × ×
ホースで水洗い
コイン洗車
布洗車機 × ×
ブラシ洗車機 × × × × ×
洗車機利用時の注意点)
  • ※洗車機のメンテナンス状況によって、○印を付けていても塗装表面にキズが付いたりします。特に、東京では春先の土埃でブラシが汚れている洗車機はキズが入りやすくなります。
  • ※撥水コートの場合、ノンブラシ洗車機でもワックス分を含んだ洗車水で洗うと、コーティングの撥水効果が薄れることがあります。


コーティング施工後の洗車は、一般的に手洗いが原則です。

洗車環境によっては洗車機も止む得ない方も多いと思いますが、セルフリストアリングコートやスクラッチシールド塗装は、キズの復元には限界がありますんで手洗い洗車をお勧めします。

 

 

洗車キズが気になる方へ

キズ処理前 yajirusi キズ処理後

キズ処理前

  キズ処理後

洗車機キズ処理詳細→

ページ上部へ