車コーティング専門店東京/コーティング・コンセプト

お客様と愛車のカーライフをより豊かに快適にいたします

気候の変動や自動車塗装の変化に対応した塗装保護を考える上で、悩みの解決に対応した製品の選択を考える必要があります。

 

車コーティング専門店東京ビューティー106では、「メンテナンスをシンプルに」をテーマに車の塗装面、ガラス、ホイール、未塗装樹脂、ヘッドライト、メッキパーツ、ゴムパッキンなどの各種パーツの保護と維持の簡素化を目的に愛車のトータルコーティングのご提案中。

 

車コーティング種類/ビューティー106のプロ専用商品一覧

画像

メンテナンスをシンプルに/メニュー一覧

 

○未塗装樹脂コート

○フロントガラスコーティング(撥水ガラスコート)

○ホイールコーティング

○窓枠ゴムパッキンコーティング

○ヘッドライト黄ばみ除去とコーティング

〇窓枠メッキモールコーティング

○メッキのサビ除去

○塗装専用ガラスコーティング(撥水・親水・疎水)

塗装専用コーティングおすすめ

画像

車の塗装保護とメンテナンスの両面からお客様のご要望に対応できるよう7種類のガラス系コーティングを販売しております。

 

ハイブリッド型ガラスコーティング

・ハイモースコートザ・グロウ

・ラフリコートⅠ

 

セルフクリーニング型ガラスコーティング

・バリアクリスタルファースト

・ラフリコートⅡ

 

撥水ガラスコーティング

・ハイモスコートザ・ネオ

 ・リアルガラスコートclass M・R

 

疎水性(親水性)ガラスコーティング

・リアルガラスコートH

 

車コーティング専門店東京/車コーティングおすすめ

キセノンアーク灯 促進耐候性テストとは

画像

太陽光・湿度・雨など屋外の条件を人工的に再現し、撥水角・光沢保持率の変化を比較した耐候性テスト。

 

取り扱い製品の『リアルガラスコート classH』の場合

 

施工当初は少し高い数値を示しますが、その後は約一年に相当する1,800時間後も大きな性能変化がない疎水状態を維持しており、高い耐候性能を発揮します。

 

気候の変化から塗装保護を考慮する場合、気候に左右されないコーティング製品を選ぶことが大切です。

●こまった!こんな時/洗車傷とコーティング
画像

『2018/7/23 -気象庁によると、23日午後0時43分、岐阜県多治見市で気温40・5度を観測した。同47分には埼玉県熊谷市で40・0度、同49分には東京都青梅市で40・3度を観測しました。』

 

数年前の記事ですが、これ以降も季節感や天気の変動が大きく洗車傷や洗車シミが目立つ傾向があります。

 

洗車傷を防ぐには2つのポイントが大切

・気温の変化による塗装の耐擦り傷性の強弱

・気温に対応した洗車のタイミングと洗う手順

 

文章にすると簡単ですが、実施には難しい面もあります。この悩みを解決するためにおすすめしたいのが,ハイモースコートザ・グロウやラフリコートⅠです。

 

●こまった!こんな時/土ぼこりの洗車傷とシミとコーティング
画像

気温の上昇にともなう土ぼこりのこびりつきやイオンデポジット・ミネラルなどの水しみ、また樹液・鳥の糞・虫の残骸・コウモリの糞など塗装にダメージを及ぼす付着物は気温が高くなるにつれて厄介な付着物になります。

 

特に土ぼこりが舞う青空駐車の場合、乾燥した土ぼこりを力をいれて洗い流したり風が舞う中で水のふき取りで洗車傷をつけてしまうことがあります。

 

このような悩みの解決策におすすめしたいのが、バリアクリスタルファーストとラフリコートⅡです。

●こまった!こんな時/樹液・花粉シミ・鉄粉などの対処
花粉シミ

コーティング施工することで塗装を保護がすることができても、鉄粉、ペイントミスト、樹液、花粉、虫、鳥の糞などの付着までは防ぐことはできません。

 

降雨と気温上昇の繰り返しによって除去が困難になったりコーティング材や塗装にダメージを与えることがあります。

 

その対処として、コーティング施工後のメンテナンスが必要になります。

 

対処方法にはご自身で処理をされるか専門店のメンテナンスをご利用いただくことになります。

●こまった!こんな時/パーツの錆除去とコーティング
画像

●プラスチックメッキの錆はメッキ表面に目に見えない無数の穴が空いていて年数経過にともなって穴に錆びが発生するためです。

このケースでは錆除去コンパンドを手磨きで取り除きコーティング処理をします。

メッキのいたみの状態により2種類のコーティング材から選びます。

画像

●アルマイトメッキはメルセデスベンツ・BMW・フォルクスワーゲン・ボルボなどの欧州車の窓枠の水切りモールやルーフレールなどのシルバーメッキモールやブラックモールは、鱗シミ跡ができます。アウディのようにモールの材質を変更することでシミ防止効果を高めた欧州車もありますが、アルマイト加工されたアルミ素材の鱗シミは、実はアルカリ錆が原因です。錆除去後の保護には、プロテクションフイルム・塗装・メッキ専用コーティングがあります。

BMW535iベンツS560 4MATICの施工例を掲載しています。

画像

●クロームメッキの白濁化やサビは、手磨き専用コンパンドで磨いて除去をしていきます。磨き処理は必ずしも機械を使うわけでなくパーツとメッキの材質によっては手磨きでおこないます。

コーティング材は塗装用と同じもので施工しますが、メッキの材質によって磨き処理方法と使用するコーティング材は異なります。

メンテナンスをシンプルに/窓枠のゴムパッキン

画像

窓枠のゴムパッキンが劣化してひび割れの発生

わずか数年間でここまで傷むことは珍しいのですが、欧州車のゴムパッキンの耐久性が悪いのが目立ちます。ゴム製品を保護にラバープロテクタントがあります。大変有名な商品ですから、使用している方も多いと思います。この商品はゴムの保護が目的で、艶がでるわけでないため外観の窓枠のゴムにきれいに艶を出してゴムの保護には適していません。車ガラスコーティング専門店ビューティー106では、ゴムの手入れの簡素化に専用ゴムコーティングを販売しております。実例シビックボルボV90を参照ください。

 

メンテナンスをシンプルに/ホイールの汚れと輝き

画像

ホイールは、素材や構造、デザイン、カラー、製法などによって様々な種類があります。ホイールの洗車方法や手入れについては、ネットでも多数の記事で溢れています。

とても参考になる情報が多いのですが、ふっと思うことに記事の通りに洗車や手入れをしていたら、一体何時間かかるのか、またどれほどの時間を必要になるのかと考えてしまいます。大切なホイールであっても、忙しい日々の中で理想と現実のギャップを解消する方法があるのでしょうか。その解決にホイールコーティングティングがあります。

普段の手入れは、水洗いか中性のカーシャンプーで洗うだけの実にシンプルです。

メンテナンスをシンプルに/曇りのない爽快な視界を

画像

自動車ガラスは塗装と同じように汚れが気になる場所。きれいにしても意地悪く空から落ちてくる雨と油汚れの訪問者。

ガラスの洗車方法については、手軽に使える便利なグッズやケミカル剤が出回っています。これは便利と購入してみても、人間ってわがままなものです。だんだん面倒臭くなってきて、半分も使わないうちに容器がほこりだらけ。

これでは、「メンテナンスをシンプルに」からほど遠く上手なお金の使い方にもなりません。

そこで、ご提案します。車ガラスコーティング専門店ビューティー106から「メンテナンスをシンプルに」の決定版ガラス専用ガラスコーティングのご紹介です。

メンテナンスをシンプルに/ヘッドライトの黄ばみ

画像
画像

黄ばんだヘッドライトは、車検の検査基準でパスしなくなります。また、どんなにボディをきれいにしても黄ばんだヘッドライトではボディ全体がみすぼらしい印象が持たれます。ガラスコーティング専門店ビューティー106ではヘッドライトの悩みを解決するために黄ばみ除去とその予防にヘッドライトコーティングをお勧めしております。ご参考にヘッドライトコーティング施工事例をご覧ください。