車コーティング専門店/窓枠のゴム&樹脂コーティング

窓枠のゴムコーティング

画像
画像

2007年に生産されたトヨタヴァンガードです。

 

まず、写真をご覧ください。

17年経過した白っぽく変色した窓枠のゴムパッキンと未塗装樹脂のBピラーを、独自の下地処理方法で元の状態に復元した画像です。

この復元処理には、弊社独自の3つの研磨技法のひとつを導入して仕上げてあります。

 

白濁化したゴムパッキンや未塗装樹脂の対処方法

(1)パーツの交換

(2)コーティング施工

 

ゴム劣化の原因とは

 

劣化の原因は太陽光の紫外線や熱・風雨やゴムを傷めるような洗車方法が考えられます。そのため、ゴムの弾力が失われ硬化したりヒビ割れの症状になります。

 

対処方法(1)パーツ交換

 

車のウインドウガラス使用されているゴムモールといえば、フロントガラスのモール・サイドウィンドウモール(窓ガラス)・ルーフモール(天井部分)・ドアモールなどがあります。

古くなったゴムを交換するとなると、その費用はフロントガラスは4万円~6万円、サイドウィンドウモールは1万円前後(1枚)、 ルーフモールやドアモールは5千円~2万円前後の費用が必要になります。

他にもガラス着脱の工賃と材料費が加算されますから、かなりの費用がかかってしまいます。

 

対処方法(2)ゴム専用コーティング施工

 

余程の劣化した状態でなければ、専用コーティングでゴム表面の保護と維持を可能にしたのが、弊社独自の下地処理によるゴムコーティング施工です。

 

  • 画像
  • 画像
  • 画像

ゴムコーティング実例)2016年式アバルト595 ハイモースコート施工

ガラスコーティングのメンテナンスの際に窓枠ゴムのコーティングを施工

 

  • 画像
  • 画像
  • 画像

ゴムコーティング実例)アバルト595ハイモースコートジ・エッジ施工と窓枠ゴムにコーティング

 

窓枠のゴムコーティングのメリット・デメリット

画像
画像

窓枠のゴムにコーティング施工をするメリットは、交換よりも費用が安いことです。

 

窓枠のゴムにコーティング施工の効果は、ゴム表面の艶の維持と保護にあります。施工後のゴム表面はツルツルな感触と雨や洗車水の水滴が小粒に変化して(下の画像)土ぼこりも簡単に洗い流せることやふき取りも簡単にできるため、新品のゴムの艶の維持と保護さらに古く劣化したゴムの艶の復元と維持に窓枠ゴムコーティングが役立ちます。

 

デメリットとしては、保管状況にもよりますが施工の耐久性が2年程度ですので、持続効果の維持を高めるためにはメンテナンスをご利用くださると安い維持費で済みます。

 

 

窓枠ゴムコーティング料金

  • 画像
  • 画像
  • 画像

  ●フロントガラスゴム新品:11000円

  中古車:16500円、      

 ●リアガラスゴム新品:11000円

   中古車:16500円

  ●サイドドアガラスゴム新車・中古 

   片面5500円(4枚ドア22000円)

●ルーフゴム新品:11000円

      中古車:16500円

 

 

特典)ボディコーティングとセット購入の場合 

ボディコーティングとセットで購入の場合、窓枠ゴムコーティングが割引されます。詳細はお問合せくださるようお願いいたします。

 

  未塗装樹脂のコーティングメリット・デメリット

 

泥だらけになって乾燥してしまうと、なかなか汚れがとれない未塗装樹脂パーツですが手入れと言っても白濁化を樹脂ケミカルで黒くするだけで、これっといった特別なメンテナンス方法がないのが現状です。

SUV車などは、どんなに塗装をきれいにしていても樹脂パーツが傷んでいると恰好がわるいものです。

そんな悩みを解決する方法に未塗装樹脂コーティングがあります。

クリヤー樹脂コートを一度施工すると,長期間にわたり樹脂表面に被膜をつくることで、汚れを簡単に落とし白濁化を防ぎます。

適度な硬さとサラットした感触に汚れも水洗いだけで落ちます。

通販商品や類似商品との違い

一般的なコート剤は、白濁化した表面を黒く塗り替えるだけで耐熱性も弱くベタついたり水で洗い流され一年程度の耐久性しかありません。

ビューティー106では、塗布にはポリッシングと手塗りとパーツの面積や形状によって使い分けて作業をおこないます。

また新品の樹脂と劣化が進んでいるパーツとでは、使用するコート材を別なものに替えて施工をしています。

その理由は、新車はできるだけ長期に新品の維持を目的とし劣化が目立つ樹脂は、新車の様な色つやの復元を目的にしているため、それにあったコート材を選んでいるからです。

細かいようですが、品質のレベルアップとその維持のためには、このような配慮が樹脂コートには必要です。

劣化が進んでいる樹脂の場合

新車時の艶に復元して樹脂表面をクリヤー樹脂の被膜で包み込んで硬化します。

クリヤー樹脂の硬化は、伸縮性が可能な3.5~4hの硬さがあり、耐久性も1~3年と長期の上、ひび割れもなく経済性が高いコーティングです。

コーティング作業中
前後バンパーの他にも、ご覧のような部分も樹脂コーティングを施工しました

サイドミラー

ミラーの付け根施工前

施工前

ミラーの付け根施工後

施工後

フェンダー

オーバーフェンダー施工前後

施工前|施工後

サイド

ステップ施工前後

施工前|施工後

レール

ルーフレール施工前後

施工前|施工後

自動車の未塗装樹脂部分は、年数経過とともにオゾンクラックによる白濁化現象がおきます。

価格一覧

部品名単品価格セット価格




前後バンパー12,000~15,000円未塗装樹部品を全部施工の場合

軽~小型車
15,000~25,000円

中型車~大型車
20,000~30,000円

※価格は自動車の大きさではなく樹脂部品数と表面積で決まります
ドアミラー左右両面3,000円
サイドモール左右両面10,000円
サイドステップ左右両面12,000~15,000円
ルーフレール左右両面5,000円

※価格は税抜き表示です+税を頂きます。カード(VISA Master MUFG DC UFJ NICOS JCB)が使えます。

施工例はこちら