リーフのガラスコーティング補修

2019/03/11

ガラスコーティングの補修箇所は、左クォーターパネルです。

再塗装した塗装に不都合があったため、もう一度塗装を塗りなおした後にガラスコーティング部分施工をおこないました。

 

左クォーターパネル

結局、色合わせのためリアドアパネルとリアバンパーも追加でガラスコーティングの部分施工が広がってしまいました。

 

ガラスコーティングの種類によって、多少手順と工程が異なりますが、バリアクリスタルファーストの場合、塗りなおした塗装表面を研磨剤で平滑にしたあと、研磨剤の粉を取りのぞくために脱脂処理がはいります。

 

その次にコーティング材が均一に塗布されるように塗装表面に肌調整処理をしてからバアリアクリスタルファーストとなります。

 

洗車作業を除いても、施工完了まで4工程ですから部分補修とは言っても乾燥時間まで加えると結構時間がかかるものです。

部分施工が完成したクォータービューです。

リーフには、チャイナブルーカラーがよく似合いますね。

 

本日は、ご来店ありがとうございました。 店主