NV200バネット/ガラスコーティング

2019/08/18
NV200バネット

最初の出会いは、5代目シルビアS12のコーティング依頼でしたから、かれこれ22年のお付き合いをさせている大切なお客様です。

 

父親の仕事を受け継いで数年、仕事で使用中のNV200バネットを、一度きれいにしたいと練馬区からご来店いただきました。

 

全然手入れをしていないので汚れています。と説明を受けたNV200でしたが、飛び石によるハガレを除くと傷らしい傷が見当たらないのです。

NV200バネット

NV200の下地処理レポート

 

洗車傷が少ないのは、お父さんが仕事道具のひとつとして大切に扱ってきたからでしょうね。

その気持ちを大切に下地処理をさせていただきました。

作業内容としては

○鉄粉除去

○水あか除去

○タッチペン補修

○ボディの一部を研磨処理

 

ガラスコーティング施工は、バリアクリスタルネオを採用です。

タッチペン補修が全部で7か所になりましたが、いかに仕事であちこちで働いているかの証です。

 

気になったAピラーとフロントガラスとの接合部分やボディ側面の水垢を取り除いてさっぱりしたNV200に戻りました。

最後にバリアクリスタルネオのガラスコーティング施工で締めくくりです。

ルーフには多少さびが見える荷台です。

重い荷物を背負って、雨の日も暑い日も文句ひとつ言わずに走り続けているNV200の姿が浮かびます。

残念ながら、荷台のパイプまではコーティングはできませんでしたが、ビジネスバンとしてこれからも活躍していただきましょう。

フロントグリルの樹脂もかなり引き締まりました。

ヘッドライトの汚れもとれて、若干透明感が増したようです。

そろそろ、オーナー様が迎えに来る時刻になりました。

きれいになったNV200を、楽しみにお父さんが待っています。

 

本日は、ご利用いただき誠にありがとうございました。店主