国分寺市ガラスコーティング/アウディA4にラフリコート

2017/08/16

アウディAにガラスコーティング

ガラスコーティングの光沢や艶は、照明の当て

方や光の反射角度によって、印象ががらっと

変わったイメージに見えることがあります。

 

ガラスコーティングの映り込み

例えば、ボンネットには雲、ルーフには隣の家

の窓が映っています。

新車のノーマル塗装だけでは、このような映り

こみは、なかなかうまれません。

ガラスコーティングの魅力のひとつです。

2017814132913.jpg

2017814132936.jpg

2017814132959.jpg

2017814133022.jpg

 ガラスコーティングの反射

こちらはメタルハライトの光をボンネットに当てた

ものですが、ノーマル塗装以上にグレーぽく

反射しています。

コーティング剤を重ねることで光の屈折率が

ノーマル塗装と異なるためにおきる現象です。

 

日本車でも光の反射角度によって、陰影が見え

る自動車塗装が販売されていますね。

 

201781210249.jpg

2017812102447.jpg

 

2017812103912.jpg

 

 

201781210431.jpg

2017812104334.jpg

ご紹介の車は、2014年式アウディA4 アバント2.0T

です。

国分寺にお住いの客様からガラスコーティング

ご依頼をいただきました。

 

磨きと肌調整/下地処理について

新車から5年目とあって、一見きれいにみえたボディには

鉄粉の付着やシミのほかにもブラシ洗車機の傷跡が残る

状態でした。

アウディのソリッドは硬い塗装だけに、いったん傷が

はいると除去するのが大変です。

研磨剤もドイツ製を使っての研磨作業です。

 

フロントグリルのシミは、エンジン熱によるものです。

エンジンルーム内は、放熱ができないほどのパーツ

が並んでいるため、どうしてもグリルに放熱が集中

するようです。

洗車の際には、できるだけボンネットを開けて放熱

してから洗車をされるとシミ防止になります。

 

201781217118.jpg

2017816144148.jpg

 ブラシ洗車機と撥水シャンプーの影響で、斑点状

のシミが目立ちました。

 

201781217311.jpg

201781614437.jpg

こちらは、アルマイトのメッキに専用コート剤を

塗布しているところです。

欧州車の弱点であるメッキの白濁化は、是非

防ぎたいところです。

ボンネットの内側にもコーティングで化粧直しを

しました。

どちらも手入れが難しいところですが、これで

特別なメンテナンスは不要になります。

 

201781614459.jpg

201781217827.jpg

ガラスコーティングの光沢と艶

ラフリコートが完成したアウディA4を、改めて

ご覧いただきましょう。

 

201781685417.jpg

201781685453.jpg

201781685549.jpg

201781685620.jpg

ガラスコーティング自体の光沢や艶は、自然光

のもとでどれだけきれいに見えるかが大切です。

自然光のもとで、シャッターを切りました。

 

201781685753.jpg

2017816145830.jpg

2017816145914.jpg

2017816145941.jpg

201781615032.jpg

201781615116.jpg

 

完成当日は35度の猛暑で、クーラーもほとんど

効かず汗がダラダラ流れてしまうほどでしたが

とても楽しく撮影をさせていただきました。

 

本日は、ご利用いただき誠にありがとう

ございました。 店主

 

201781615156.jpg