コーティングの選び方/お洒落なオレンジカラー

2021/07/12
フリードクロスター

 

オレンジカラーのフリードクロスター。

正式なカラー名は、プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックIIですが、実車を拝見してみると派手な色というよりもオシャレなカラーといった感じです。

 

スライドドアを開ければ、そこにはエクステリアカラーと同系色のシートをブラック調のドアインナーパネルで包み込んだ空間は、安らぎと落ち着きを与えてくれるルームです。

 

この素敵なフリードのご依頼の際に、オーナー様から次のようなご相談をお受けしました。

 

フリードクロスター
フリードクロスター

 

ご相談内容 )

自宅庭(南向き_枕木、芝生の上に青空駐車。日当たり良)

周辺環境について:住宅地ですが砂埃の影響を受けます。またスギ花粉も多いです

その他 :フェンダーアーチモールやエンブレム等を貼り付ける予定ですがガラスコート施行後、どの程度経過してから貼り付ければ影響ないでしょうか

 

ご提案内容 )

商品の選び方のポイントとして、2つの絞りこみを考えてみました。

①砂埃→洗車傷の対策

②花粉→花粉のシミ

完璧なガラスコーティング商品はなかなかないのですが、2つの問題から塗装保護を考えると

 

お勧めしたい商品は3種類あります。

1)ハイモースコートザグロウ 

2)ラフリコートⅠ      

3)ラフリコートⅡ      

 

洗車を自分で手洗い洗車をされる場合)

フリードのルーフの高さとボディカラーから、洗車水によるウォータースポットとイオンデポジットができやすいと考えられます。

それらを極力防ぐには

ハイモースコートザグロウとラフリコートⅠになります。

 

洗車は専門店を利用(ブラシ型洗車機はNGです)される場合)

どの商品でも構いません。

 

ラフリコートⅠの施工レポート

 

選ばれたラフリコートⅠが完成したフリードクロスターです。

 

施工するうえで最も気を配ったのが、ケバケバしい派手な光沢にならないように原色の表面を滑らかに仕上げて自然光に映える艶を引き出すことでした。

 

フリードクロスター
フリードクロスター

 

キャラクターラインを活かして下地処理ではラインの面ごとに自然光が反射で凹凸がより鮮明になるように工夫を試みてみました。

 

 

 

ドア内側やステップの塗装にもガラスコーティングを施してあります。

 

某雑誌にSUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現

 

の一説が掲載されていましたが、その表現にピッタリの一台です。

 

2週間後にはフェンダーアーチモールやエンブレムが装着されたその姿は、さらに遊び心が魅了することでしょう。

 

とてもきめ細やかで丁寧に作りあげたクッキーをいただきました。

とても優しい味がしました。

 

フリードのオーナー様が経営するお店です。

Atelier -yobow

手作りクッキーの店 営業日:毎週(水)(木)(金) 営業時間:13:00~17:00

     

 

 

本日は、当ショップをご利用いただき誠にありがとうございました。店主