ガラスコーティング東京/シビックタイプRにコーティング

2018/03/17

シビックタイプRにガラスコーティング

5代目FK8型シビックタイプRのご来店です。

納車までの8か月間、オーナー様にとっては

待ちに待った日が訪れました。

201831615434.jpg

2018316154344.jpg

201831613223.jpg

販売期間 2017年9月 ~
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
全長 4,560mm
全幅 1,875mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,390kg

シビックタイプRの塗装とボディサイズを

3代目FD2型と比べてみると3代目よりも

全高で5mm低く、横幅は105mm長く

なった分、想像していたよりもワイド感と

安定感のあるスタイルの印象です。

20183161677.jpg

2018316131148.jpg

バリアクリスタルファースト施工

ボディカラーは、チャンピオンシップホワイト。

残念なことに3代目よりも塗装の出来栄えが

悪くなった気がします。

特にルーフは平滑なんでしょうけれど、凹凸

があるように見えてしまいます。

201831613133.jpg

201831616336.jpg

写真では確認できませんが、Aピラーとフェンダー

さらにサイドステップとリアクォーターの接合

部分微妙にずれているのも残念です。

まあ、気にしていたらきりがありませんが。

2018316165527.jpg

2018316165632.jpg

それだけにガラスコーティング施工では

塗装の手直し以上にきれいに見てもらえる

ようにバリアクリスタルファースト施工に

工夫を加えました。

 

シビックタイプRのエクステリア

最初に目にはいったのがエアロパーツの独自性の

ある形状です。

2018316162422.jpg

201831616250.jpg

徹底した空気抵抗値と揚力のマイナスリフト化

を目指すと、このようなパーツ形状になるのか

と感心させられました。

相当に研究されたルーフ後端のボルテックス

ジェネレーターは、後方に流れる空気の剥離

を抑えリアスポイラーの効果を高めるらしい

です。

しかしタイプRの施工をする上で、磨きを含めた

下地処理は大変です。

ツールはミニサイズを使用しましたが、それでも

すべての塗装面を磨くには無理があり手磨きも

必要となってしまいました。

2018316162559.jpg

2018316162641.jpg

リアスポイラーのウイング部は、2ピース構造

になっています。

ここもコーティング処理に苦労したところ。

2018316163132.jpg

2018316163217.jpg

個性的な3本出しエキゾーストシステム。

左右パイプがメインで、中央は低回転域では

音圧の向上に貢献し、高回転域では負圧効果

で不快なこもり音の低減に役立つようになって

いるそうです。

オーナー様がエンジンをかけた時、確かに音が

今までの車と違うような感じがしました。

素人の感想ですが、レクサスRCFよりも軽い

音の印象でした。

 

 ヘッドライトのデザイン空力

専門的には何というのかわかりませんが、ヘッド

ライトの形状にも空気抵抗値と揚力の効果を

発揮するのでしょうね。

次回は、ヘッドライトコーティングを利用して

もらいたいですね。

2018316164445.jpg

2018316164536.jpg

インテリア

赤を効かせたDカットタイプの本革巻ステアリング

ホイール。

カーボン調パネルとメタリックな赤の輝きも

コクピットをスポーティーに演出していますね。

2018316164927.jpg

2018316165012.jpg

体との接触面積を増やすと同時にシートの

骨格と素材を見直して約10%軽量化した。

と記事に書かれていましたが、どの程度の重さ

を軽量化したのでしょうか。

201831616519.jpg

2018316165142.jpg

201831694729.jpg

          新型シビックタイプRには、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力320ps、最大トルク40.8kgmを引き出し、0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を持つ。減速操作に合わせてエンジン回転数を自動で調整するレブマッチシステムを搭載し、減速時のアクセル操作が不要となったそうです。

 

衝突安全性能

ポップアップフードシステムの採用。

歩行者との衝突を感知すると、ボンネットフード

の後部を持ち上げ歩行者の頭部への衝撃を低減。

この写真を見ていただくと、エンジンルームの

ギザギザは剛性そしてフェンダーの中央の幅が

狭いのは、衝突の際に真ん中からフェンダーが

折れるように設計されているのでしょうね。

もちろん、ボンネットの内側と同様にここも

コーティング処理をしています。

201831617740.jpg

20183161737.jpg

走行性能

20インチタイヤそして軽量シングルマス

フライホイール。

もちろん、ホイールコートを施工しました。

2018316172936.jpg

2018316173023.jpg

 

2018316172814.jpg

          キャリパーにはモノブロック4ピストンタイプ、ディスクにはドリルド&ピラーフィン・ディスクが採用されています。

フロントブレーキはブレンボ製。

 

最後に、カーボンパーツにもコーティング処理

をしましたが、表面のザラツキは汚れをよぶ

でしょうね。

2018316175447.jpg

2018316175520.jpg

2018316175658.jpg

2018316175732.jpg

長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合い

いただきありがとうございました。

2018316183554.jpg

2018316183623.jpg

インテグラタイプRからCR-ZそしてシビックタイプR

とご利用いただいているお客様です。

いつも、ご利用いただき誠にありがとうございます。

                  店  主