コーティングの選び方Ⅵ

2020/11/21
ポルシェ911カレラ4

コーティングの選び方

ガラスコーティング製品を選ぶポイントはいくつかありますが、コーティング製品と塗装の相性というものがあります。メタリック塗装にピッタリでもソリッド塗装とはあまりうまくいかないものがあります。専門的なことになりますので、興味のある方は最寄りの専門店にご相談されることをお勧めします。

 

 

 

2008年式ポルシェ911カエラ4にバリアクリスタルファーストプレミアムの施工です。

自然光に映えるポルシェ911カエラ4をご覧ください。

ポルシェ911カエラ4
ポルシェ911カエラ4
ポルシェ911カエラ4
ポルシェ911カエラ4

 

下地処理レポート

ポルシェといっても12年前の車ですから、やはり気になる箇所がいくつか見つかりました。

 

例えば、オーナー様も気にされていた箇所が

 

・ボディ全体に広がる洗車傷と変色した磨き跡

・ヘッドライトの白濁化と傷や飛び石跡

 

この解決方法を研磨処理でおこなうわけですが、ヘッドライトカバー内側の処理が難しいため白い変色が若干残ってしまいました。

 

ちなみにヘッドライトの黄ばみや白濁化の原因は

 

 ①紫外線による黄ばみ劣化

 ②バルブの高温による白濁劣化

 ③小さな傷の積み重ね

 

残った白い変色は、②のバルブによる熱劣化が原因です。

 

 

ガラスコーティングレポート

 

今回施工をさせていただいたコーティング製品は、バリアクリスタルファーストというガラスコーティングです。

ガラス状に結晶化したコーティング材と施工後の撥水状態です。

 

 

原色に絶妙な光沢と艶を引き出しオシャレな愛車に演出します。2層目に低分子シラン系化合物さらに3層目に特殊シリコンを形成した3層構造をもつガラスコーティングです。

 

セルフクリーニング機能で雨水で汚れをある程度流しますので、洗車が簡単になります。

 

大田区からご来店いただきました。

 

本日は、当ショップをご利用いただき誠にありがとうございました。店主

 

ポルシェ911カエラ4