アルミホイールコート/磨きと肌調整 東京都大田区ガラスコーティング

2016/08/02

梅雨明けしたはずなのに、晴れもつかの間、突如のゲリラ豪雨では、カッコいい

ホイールもだいなしです。

というわけで、アルミホイールのガラスコーティング施工についてとりあげます。

 

わずか数十キロの走行でも、すでに真っ黒なホイールです。

アルミホイールのコーティングで悩みの解決

 アルミホイールのコーティングも、下地処理が何よりも大切です。

既に使用中のホイールには、ダスト粉や鉄粉などがこびりついています。

まず、汚れをきれいに取り除いたアルミ表面を活性水で丁寧に洗車し

あと当店特別メニューのひとつウォーターコートでアルミ表面を保護します。

保護処理された表面を、さらに撥水ガラスコーティング施工で仕上げます。

撥水ガラスコートとは

主成分がシリコーンオリゴマーとアルミニウムキレート化合物。

コート施工としてはベースにウォーターコートでアルミの腐食

防止と光沢を引き出しその上に撥水機能で汚れのこびり付き

を最小限に抑える仕組みです。

柔らかいクロスも撥水機能液にしたして乾燥させると、ご覧のようにクロスは折れ曲がらないようになります。

この硬さがホイール表面の硬度を高めます。

2016年後半は、暑さとゲリラ豪雨に悩まされないように、愛車の足元も

コーティングで防備しましょう。

 アルミホイールコートの詳細はこちらまで