ボルボ940GLEとポラール/思い出の一台 ビューティー106

2017/09/02

ボルボエステート940GLEとポラールの思い出

とても懐かしいマニアックな車の思い出は

1990年から1997年に生産販売された名車

ボルボエステート940のGLEとポラールの

2台です。

 

ボルボエステート940GLE

最初のGLEは、ダークグリーンパールの

ボディカラーがよく似合う一台です。

2008年8月8日にガラスコーティングをお受け

しました。

ご来店当時、随分と時間をかけて探しました

と練馬区からご来店されたオーナー様から

お話しをお伺いしましたが、なんでもレコード

を搬送するためラゲッジスペースの広い940

を選ばれたそうです。

全長 4,870mm
全幅 1,755mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,770mm
車両重量 1,410~1450kg

 

2017826173735.jpg

201782617389.jpg

2017826173949.jpg

2017826174023.jpg

 

ボルボエステート940ポラール

もう一台は、クラシックレッドのポラールです。

とても長い年数にわたって、メンテナンスを

ご利用いただいた立川市のお客様でした。

楽器を運ぶために940を、利用されていると

おっしゃっていました。

全長 4,850mm
全幅 1,755mm
全高 1,495mm
ホイールベース 2,770mm
車両重量 1,470kg

 

2017826174210.jpg

2017826174241.jpg

左右のテールランプの最上部の赤はダミー

で、尾灯・制動灯の役目はありません。

FR車としては最後のボルボ車となりました

が、直線的なスタイルはデザイナーの強い

信念が伝わってくるような独特の雰囲気が

備わっていました。

ボンネットの通気口は各子状が時代を

物語っています。

2017826174543.jpg

2017826174618.jpg

エアロダイナミクスを追求した940

には、セダンとエステートシリーズ

がラインアップされていました。

また、「クラシック」と「タック(特別注文車)」

の2グレードが用意されていました。

クラシックは本革シート、ウッドパネル

パワーシートなど豪華な内装備となる。

タック(TACK)シリーズはポラールに代わる

ベーシックグレード。

タックと言うのはスウェーデン語で「ありがとう」

の意味だそうです。

セダン940タックは受注生産モデルでサルーン

は5名定員、またエステートはエクストラシート

車を用意され7名定員も選べるように設定され

ていました。

右ハンドルのみの設定。

青梅に移転前の工場で撮影されたものです。

お時間がございましたら思い出の一台サイトに

お立ち寄りください。

最後までお読みいただき、タック!